キヤノンITS、SonicWALLのUTM向けの運用管理サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、SonicWALLのUTM向けの運用管理サービスを発売


掲載日:2010/11/30


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、SonicWALL,Inc.のUTM(統合脅威管理)製品を購入したユーザ向けに、製品をより快適に利用するための支援サービス「SonicWALL運用管理サービス」を、12月1日より発売する。

 「SonicWALL運用管理サービス」では、「月次レポートサービス」と「設定情報変更サービス」の2つのメニューが用意されている。

 「月次レポートサービス」では、キヤノンITSが、ユーザが利用しているSonicWALLから通信ログをリモートで保存し、毎月1回、前月分のログをレポート形式に加工してユーザへ配信する。これにより、前月1ヵ月間のSonicWALLの稼働状況や利用状況を把握できる。例えば、Webレポートでは、Webへアクセスした回数が最も多い利用者のIPアドレスとその利用者のアクセス先一覧がレポートされるため、Webアクセスの利用頻度を把握できる。また、ユーザのSonicWALLが停止した場合、事前に指定された連絡先へメールでアラートを発信する死活監視機能も併用できる。

 「設定情報変更サービス」は、キヤノンITSがユーザに代わってSonicWALLの設定内容をリモートで変更するサービス。SonicWALLのネットワーク設定やファイアウォール設定、ログ設定など、ユーザが指定する変更個所と内容に従って、キヤノンITSが設定情報を変更する。

 なお、1台/1年分の価格は、「月次レポートサービス」が9600円、「設定情報変更サービス」が3万円となっている。


出荷日・発売日 2010年12月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】 プラットフォームの無停止を実現するための4つのステップ 【日本アイ・ビー・エム】 仮想化インフラの一元管理を支援する「Red Hat Satellite」 【サイオステクノロジー株式会社】 LANDesk Management Suite 【LANDesk Software】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。
絶対止めてはいけないシステムを「Always-On」に移行する4ステップ 「クラウド指向」の影と希望 運用管理とセキュリティ対策を考える PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032233


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ