キヤノンITS、SonicWALLのUTM向けの運用管理サービスを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、SonicWALLのUTM向けの運用管理サービスを発売


掲載日:2010/11/30


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、SonicWALL,Inc.のUTM(統合脅威管理)製品を購入したユーザ向けに、製品をより快適に利用するための支援サービス「SonicWALL運用管理サービス」を、12月1日より発売する。

 「SonicWALL運用管理サービス」では、「月次レポートサービス」と「設定情報変更サービス」の2つのメニューが用意されている。

 「月次レポートサービス」では、キヤノンITSが、ユーザが利用しているSonicWALLから通信ログをリモートで保存し、毎月1回、前月分のログをレポート形式に加工してユーザへ配信する。これにより、前月1ヵ月間のSonicWALLの稼働状況や利用状況を把握できる。例えば、Webレポートでは、Webへアクセスした回数が最も多い利用者のIPアドレスとその利用者のアクセス先一覧がレポートされるため、Webアクセスの利用頻度を把握できる。また、ユーザのSonicWALLが停止した場合、事前に指定された連絡先へメールでアラートを発信する死活監視機能も併用できる。

 「設定情報変更サービス」は、キヤノンITSがユーザに代わってSonicWALLの設定内容をリモートで変更するサービス。SonicWALLのネットワーク設定やファイアウォール設定、ログ設定など、ユーザが指定する変更個所と内容に従って、キヤノンITSが設定情報を変更する。

 なお、1台/1年分の価格は、「月次レポートサービス」が9600円、「設定情報変更サービス」が3万円となっている。


出荷日・発売日 2010年12月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

Ivanti Endpoint Manager 【Ivanti Software】 “攻め”のデータ保護、リソースの無駄を見つけて仮想環境の真価を引き出すには 【Veeam Software japan】 徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 調査で見えたアベイラビリティの重要課題――企業はどのように変わるべきか? 【Veeam Software Japan】 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか 【日本ヒューレット・パッカード】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
PCやモバイルデバイスなど企業内ファイアウォールの内外に存在するすべてのクライアントを、OSに関係なく共通コンソールから一元管理するIT統合管理ソリューション。 仮想化によるサーバ集約率が高い環境で、バックアップ処理の負荷が性能を損ねてしまうのはもったいない。トラブルを未然に防ぐ「攻めのデータ保護」はできないだろうか。 「止まらないシステム」どうすれば実現可能? 調査結果から分かったこと IT部門は「可用性」をどのように意識し、どう対応するべきか 特別対談:次世代ITで広がる企業の「格差」──SDx時代に何をすべきか

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032233


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ