ディサークル、ポータル型ワークフローシステムの新版を出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ディサークル、ポータル型ワークフローシステムの新版を出荷


掲載日:2010/11/29


News

 ディサークル株式会社は、ポータル型ワークフローシステムの新版「POWER EGG 2.0 Ver2.2」を、出荷した。

 「POWER EGG」は、統制強化と業務効率向上の両立を図る上場企業や中堅企業向けに、プッシュ型ポータル機能やワークフロー機能などを提供するワークフローシステム。今回の「POWER EGG2.0 Ver2.2」では、スマートフォンとの連携強化、ワークフロー強化による更なる差別化促進、SaaS対応といった強化が図られている。

 スマートフォンとの連携が強化されていて、「POWER EGG2.0」を開いていなくても、新着情報やスケジュール予約などが入った場合にタスクバーにアイコン通知や画面にポップアップ表示を行なう“リマインダー機能”をiPhoneからも利用できるように、iPhone用アプリ「POWER EGGリマインダー for iPhone」が開発され、外出先でもiPhoneがあれば決裁依頼やスケジュール予約などに気づくことができ、スピーディーに決裁などを行なえる。また、「POWER EGG2.0」で登録したスケジュールを、iPhone/iPadのカレンダーでも閲覧できる。

 “ワークフロー”が更に機能強化された。外部システムとの連携がより簡易化され、CSVファイルからの自動起案などを行なえるようになり、連携するためのアドオンコストの低減を図れる。また、SaaSに対応し、企業の業態変化、業務拡大に応じて柔軟に利用機能やライセンス数を変化させられ、ITコストの最適化を図れる。

 iPhone/iPad/Androidでは添付ファイルを閲覧できるほか、Windows Server 2008 R2、Oracle 11g R2などへの対応が行なわれた。


出荷日・発売日 2010年11月25日 出荷
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

コラボフロー 【コラボスタイル】 ERP連携ワークフロー EXPLANNER/FL (FlowLites) 【NEC】 クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 簡単ワークフロー X-point(エクスポイント) 【エイトレッド】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
Excel帳票をデザインしてWebフォームに変換。申請経路をパズル感覚で簡単設定し、1申請書類から運用が可能なワークフロー。充実の連携パーツで様々なシステム連携も可能! パラメータ設定メインの簡単操作、他システムとの優れた連携性、サーバ単位で導入できるコストメリットなどを特長とするワークフロー専用システム。 Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 とにかく簡単! Webブラウザで書類を管理する斬新なスタイルのワークフロー。ノンプログラミングでWebフォームを作成できるなど、利用者の利便性を重視した。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032211


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ