ALSI、情報漏洩対策製品シリーズにデバイス制御ソフトなどを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ALSI、情報漏洩対策製品シリーズにデバイス制御ソフトなどを追加


掲載日:2010/11/24


News

 アルプス システム インテグレーション株式会社(ALSI)は、情報漏洩対策(ILP)シリーズに、デバイス制御ソフト「InterSafe DeviceControl」とWeb型申請承認システム「InterSafe WorkFlow」を追加し、12月より発売する。また、セキュリティUSBメモリ作成ソフトのラインアップに「InterSafe SecureDevice Ultimate」を追加し、12月より発売する。

 「InterSafe DeviceControl」では、外部デバイス制御やネットワーク制御、印刷制御、外部持ち出し時のログ取得が可能。オンライン時/オフライン時のポリシーをリアルタイムに制御できる。

 「InterSafe WorkFlow」では、申請/承認の自動制御や、持ち出しファイルのアーカイブ、利用可能期間の設定、外部持ち出し時の申請承認操作ログ取得が可能。ファイル単位でのワークフロー機能、原本ファイルのアーカイブ機能を備えている。デバイス利用申請・承認は管理者を介さず自動で運用できる。

 「InterSafe SecureDevice Ultimate」では、汎用USBメモリをクライアントPCでセキュリティUSBメモリに変換でき、グループ間でセキュリティUSBメモリを運用できる。暗号化による盗難・紛失対策や、Winnyなどへの対策、持ち出したデータの流出防止、外部持ち出し後の操作ログ取得が可能。他社セキュリティ製品とも連携できる。

 これら3製品を利用することで、情報漏洩対策の範囲を広げられるほか、情報漏洩対策を強化したい部分から導入をスタートし、必要に応じて対策範囲を拡張していくという柔軟な運用が可能になる。また、各製品が連携しているため、複数の製品を導入することにより生じる運用の煩雑さや、利便性の低下を起こすことなく、情報を守りながら活用することができるようになる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032162


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > メモリ > メモリのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ