富士通エフサス、勤怠とPCの連動でサービス残業を抑止するソフト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通エフサス、勤怠とPCの連動でサービス残業を抑止するソフト


掲載日:2010/11/19


News

 株式会社富士通エフサスは、勤怠とPCを連動させてサービス残業を抑止するソフトウェア「IDリンク・マネージャー 勤怠連携版」の提供を、開始した。価格は、100万円となっている。

 「IDリンク・マネージャー 勤怠連携版」では、勤怠管理システムが持つ打刻・勤務予定時間をPCのログイン・ログオフと連動させることで、PC利用の制限、終業間際の定時退社促進通知、部門単位の残業一元管理を行なえる。

 既存の勤怠管理システムと連携することで、出勤打刻後にPC利用を許可し、退勤打刻後はPCを強制ログオフ、PC業務によるサービス残業の抑止を図れる。また、申請した勤務時間を超えてPCを使用した場合、警告画面のポップアップ表示を行なう。残業申請を行なわずに業務を継続すると強制ログオフ・シャットダウンが行なわれ、PCの利用を抑止する。残業申請を行なうことで意識改善・作業効率化を促し、生産性の向上を支援する。

 上司に残業申請を行なうことでPC利用時間を延長できる。管理監督者は利用者ごとの出退勤時間、PCログイン/ログオフ時間の一括参照・レポート出力を行なえるため、残業管理の精度向上を図れる。また、出退勤打刻機能を備えているため、勤怠管理システムやタイムレコーダを所有していないユーザも、利用できる。

 また同社は、設計構築・運用保守サービスを用意している。「設計/構築サービス」では、「IDリンク・マネージャー 勤怠連携版」の設計/構築の実施、他システム(勤怠管理システム、Active Directory、PCログイン認証システムなど)との連携個所のシステム設計・構築の実施を行なう。「運用/保守サービス」では、サービスを実施するための要件確認(運用手引書の作成)、マネジメント、トラブル復旧支援、IDリンク・マネージャーのQ&A対応、修正パッチ提供を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 「IDリンク・マネージャー 勤怠連携版」:100万円

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 MajorFlow Time 【パナソニック ネットソリューションズ】 勤給解決 【ソフトバンク コマース&サービス】 Mobile Perfect SP 勤怠管理サービス 【ソフトバンク コマース&サービス】 クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 ワークフロー「MajorFlowシリーズ」の勤怠管理システム。Webで勤務報告や各種申請が実現。タイムレコーダ連携や他システムとの連携、スマートフォンからの入力も実現。 カメレオンコード(カラーバーコード)による打刻を採用し、PCやiPadを用いて認証・入力が可能なSaaS型勤怠管理システム。 気軽に簡単にスマートフォンを活用できるクラウド型勤怠管理サービス。ほかにもさまざまなサービスをそろえ、自社のニーズに合わせて必要なものを利用できる。 3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032131


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ