トライポッドワークス、情報漏洩防止を図れるメールセキュリティ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


トライポッドワークス、情報漏洩防止を図れるメールセキュリティ


掲載日:2010/11/16


News

 トライポッドワークス株式会社は、企業向けメールセキュリティ製品「MAILSCREEN」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「MAILSCREEN」は、メールからの情報漏洩を防止する機能、情報漏洩が起きた場合に備えた送信メールの管理、添付メールに対するソリューション機能などを提供し、情報漏洩リスクの低減を図れる。また、オールインワンのアプライアンス製品(ハード、ソフト一体型製品)として提供されるため、メールのサーバ/クライアント双方に手を加えずに導入でき、より使いやすく、より安全に活用できるビジネスコミュニケーション基盤をリーズナブルに構築できる。4つの製品ラインアップが用意されていて、中小企業から大企業まで適用できる。

 情報漏洩対策/誤送信防止では、フィルタ機能により、特定キーワードを含むメールの送信を拒否できるほか、送信遅延機能により、誤送信メールをキャンセルできる。ウイルスチェック機能により、ウイルスに感染したメールの送信を拒否できるほか、BCC自動変換機能により、同報受信者のメールアドレスを隠蔽できる。

 メール管理では、ログ機能により、送信されたすべての記録を取得できるほか、メールジャーナリング、メールアーカイブ機能により、すべての送信メールのコピーを保存できる。また、管理ツールにより、メールの利用状況やサーバ負荷など各種統計情報を取得できる。

 添付メールソリューションでは、添付メール暗号化機能により、添付ファイルを暗号化して送信できるほか、URLリンク機能により、添付ファイルをURLリンクに変換して送信できる。また、企業向けオンラインストレージ「GIGAPOD」との連携機能により、大容量の添付ファイルを送信できる。

 写真:MAILSCREEN 1000M(小規模システム向け)



出荷日・発売日 2010年11月15日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

ActSecureクラウドメールセキュリティサービス 【NEC】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】 メール誤送信防止ソリューション「Active! gate」 【クオリティア】 Enterprise Mobility + Security 【日本マイクロソフト】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
標的型メール攻撃対策やメール誤送信対策、事後調査や監査対応などに有効なメールアーカイブ機能などのセキュリティ対策をクラウド(SaaS型)で提供。最短7日で導入可能。 メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。 猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか 上司承認(オプション)を含む7つのアプローチを1つの製品で実現するメール誤送信対策ソフトウェア。アプライアンス版も提供。ユーザがポリシー設定でき運用負荷も軽減。 「Office 365」をモバイル端末でフル活用――カギは低コストのセキュリティ強化

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032065


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ