サードウェア、Linux-HAを構成するソフトの実行形式を一括で提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サードウェア、Linux-HAを構成するソフトの実行形式を一括で提供


掲載日:2010/11/15


News

 株式会社サードウェアは、Linux-HAサポートの新サービス「Linux-HAバイナリダウンロード権」の提供を、開始した。

 Linux-HAは、コンピュータシステムの可用性を高めるためのクラスタ技術や、ディスク故障や災害に備えたデータのレプリケーション(複製)技術で構成されている。オーストリア・LINBIT Information Technologies GmbHが開発するDRBD、Heartbeat、リソースエージェント、Clusterlabsが開発するPacemekerといったソフトウェアで構成されているため、必要なソフトウェアの適切なバージョンを正しく組み合わせるには、手間とノウハウが必要になる。

 「Linux-HAバイナリダウンロード権」は、Linux-HAを構成するソフトウェアの、DRBD、Heartbeat、Pacemaker、リソースエージェントなどの実行形式プログラムを一括して提供するサービスで、契約ユーザはLINBIT社のダウンロードサイトから必要な実行形式プログラムを一括して入手し、直ちにインストールまたはアップデートできる。

 これにより、ソースからコンパイルしたり複数のダウンロードサイトからダウンロードする手間を省ける。また、クラスタスタック全体のサポートを提供しているLINBIT社が提供するバイナリパッケージなので、信頼できるバイナリソフトウェアを入手できる。

 yum、apt-get、zypperなどのリポジトリ形式で提供されるため、カーネルやその他のアップデートと同期してソフトウェアを管理できるほか、カーネルのアップデート時に行なうべきDRBDのアップデートを自動化できる。また、将来DRBDクラスタスタック・サポートを契約する場合にも、スムーズにサポートが提供される。

 なお価格は、クラスタシステムあたり年間6万3000円(税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 クラスタシステムあたり年間6万3000円(税込)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032040


IT・IT製品TOP > サーバー > Linux > LinuxのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ