セキュアヴェイル、ファイアウォールのログを分析できる製品提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


セキュアヴェイル、ファイアウォールのログを分析できる製品提供


掲載日:2010/11/11


News

 株式会社セキュアヴェイルは、統合ログ管理システム「LogStare 分析レポート版」で、ファイアウォールのログ分析用テンプレートを用意した「Howtoファイアウォール」の提供を、開始した。価格は、98万円となっている。

 「Howtoファイアウォール」のテンプレート例は、“社内セキュリティポリシー違反”・“不審なファイアウォールアクセス”・“DMZ(非武装地帯)からの不審な通信”・“狙われているサービス”・“高頻度使用ルール”・“長時間セッション”・“大量送信”など。これらにより、コンプライアンスへの準拠確認や、運用上の不審な動きの検知、設定と使用状況の確認など、運用者の視点に立った分析を行なえる。また、これらのテンプレートに対するユーザからのQ&Aも実施することで、安全なファイアウォール設定やシステム環境構築への支援を提供する。

 FortiGateやJuniper SSG/ISG、Palo Alto PAといったファイアウォールに対応し、1つのライセンスで複数のファイアウォールを分析できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 98万円

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ファイアウォール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ファイアウォール」関連情報をランダムに表示しています。

「ファイアウォール」関連の製品

NextGen Firewall Fシリーズ(旧 NextG Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 【日商エレクトロニクス】 NextGen Firewall Xシリーズ(旧 Barracuda Firewall) 【バラクーダネットワークスジャパン】 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは? 【日商エレクトロニクス】
ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール ファイアウォール
UTM同等の多彩なセキュリティ機能を搭載した次世代ファイアウォール。
L7アプリケーションコントロール機能を備え、アプリケーションレベルの脅威も遮断。
クラウド型対策が“越えられない壁”──DDoS対策でオンプレ型が有効な理由 通常のL3/L4ファイアウォール機能に加え、アプリケーションとユーザの可視化・制御機能を備えたL7対応の次世代ファイアウォールアプライアンス。 DDoS攻撃対策への投資――知らない間に発生している損失とは?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20032003


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > ファイアウォール > ファイアウォールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ