日本IBM、ストリーム・コンピューティングの新価格体系を発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、ストリーム・コンピューティングの新価格体系を発表


掲載日:2010/11/09


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社は、刻々と変化する複数の情報を並行して瞬時かつ複合的に分析し、最新の状況に即した的確な意思決定を支援するソフトウェア「IBM InfoSphere Streams」で、大規模なクラスタ環境でも低コストで利用できる新価格体系を適用した新版を、発表した。

 「InfoSphere Streams」は、“Big Data”と呼ばれる何百何千ものデータ・ストリームをリアルタイムに処理するストリーム・コンピューティングを実現する製品。最大125ノードまで柔軟にハードウェアを拡張でき、より大量で多様なデータを瞬時に処理できる。

 今回適用される価格体系“RVU”(Resource Value Unit)では、コア数が増すごとにボリューム・ディスカウントが適用され、規模が大きくなれば、より割安な価格で利用できる。例えば、複数のサーバを16コアで利用する場合、従来の価格体系に比べ約12%、128コアで利用する場合約47%、割安に利用できる(いずれも、ソフトウェア・ライセンスの機種別サーバ単位課金であるPVU(Processor Value Unit)値が、1コアあたり70のプロセッサの場合で試算)。

 併せて、テスト・開発に利用を限定した「IBM InfoSphere Streams V1.2.1 for Non-Production Environment」と、許可ユーザ単位で課金する「IBM InfoSphere Streams V1.2.1 Developer Edition」も発表され、提供が開始された。「IBM InfoSphere Streams V1.2.1 for Non-Production Environment」にも“RVU”が適用される。また「IBM InfoSphere Streams V1.2.1 Developer Edition」では、テスト・開発での利用に加え、ストリーム技術を試用したいユーザも手軽に利用を開始できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031966


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ