ユニスター、QNAP製品のCPUをアップグレード、機能も追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ユニスター、QNAP製品のCPUをアップグレード、機能も追加


掲載日:2010/11/08


News

 株式会社ユニスターは、CPUをアップグレードしたQNAP新製品を、11月中旬(予定)より発売する。

 今回発売されるのは、「TS-119P+」「TS-219P+」「TS-419P+」。いずれも、CPUがMarvell 6282 1.6GHzにアップグレードされているほか、Apple Time Machineのバックアップと管理、Wake on LAN機能、ISOマウント、Webファイルマネージャ、ワンタッチコピー、バックアップの強化、マルチメディアステーションとスマートフォン(iPhone、Android)対応といった機能が追加されている。

 「TS-119P+」は、横幅が67mmと「TS-119」に比べ若干広くなっていて、HDDを外から取り外せるホットスワップ式のベイが搭載され、使い勝手が更に向上している。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他ストレージ関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他ストレージ関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他ストレージ関連」関連の製品

オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは 【Dell EMC】 “匠の技”を必要としない自動運用――次世代インフラを支えるストレージとは? 【三井情報+他】 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる 【Dell EMC】 I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは 【日本アイ・ビー・エム】 これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能 【Dell EMC】
その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連 その他ストレージ関連
オールフラッシュ時代が本格到来 コスパと品質を備えたラインアップとは もはや“匠の技”は必要ない? 次世代インフラに最適なストレージ運用とは 予算不足や環境変化など「ミッドレンジITの4課題」はストレージで解決できる I/O性能が課題のシンクライアント環境を改善する、高速ストレージ基盤とは これからのオールフラッシュアレイはどこで差がつく? 選定時に注目すべき機能

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031957


IT・IT製品TOP > ストレージ > その他ストレージ関連 > その他ストレージ関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ