オープンテキスト、ECMを基盤にした契約管理ソリューション発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


オープンテキスト、ECMを基盤にした契約管理ソリューション発売


掲載日:2010/11/08


News

 オープンテキスト コーポレーション(オープンテキスト)は、ECMソリューション「Open Text ECM Suite」を基盤にした新しい契約管理ソリューション「Open Text Contract Management」を、発売した。

 「Open Text Contract Management」は、様々な種類の契約書の作成、調整、承認から期限管理、廃棄まで、全社的な管理を行なえるビジネスアプリケーション製品で、契約ライフサイクル全体で透明性を確保しながら契約プロセスの標準化を図り、適切にサポートする。

 「Open Text ECM Suite」をプラットフォームとして利用していて、文書管理、ワークフロー、アーカイブ、レコードマネジメントや電子メール管理などのECMの機能を基盤に構築され、集中リポジトリによって、新規、既存の契約書を一元管理する。企業のルールに合わせて容易にカスタマイズできるテンプレートが提供される。

 標準的な言語、条項、諸条件を使用して契約書を作成できるセルフサービス環境が提供され、契約書が商慣習に背く内容になるリスクの低減を図れ、法務部門は、複雑化する契約書作成にベストプラクティスを活用して対応できる。また、ECMを基盤にしているため、契約の進捗状況をどこでもリアルタイムで確認できる上、ワークフローによる承認やフォローアップを電子メールで自動的に担当者やチームに促す機能で、確実なビジネス対応と業務の効率化を図れる。

 契約調整プロセスで、安全なオンライン環境が提供されるほか、電子的なリポジトリで一元管理を行なえる。組織全体で契約プロセスをコントロールし、全プロセスのレコードやコンテンツをアーカイブで自動的に記録、保管、全文検索できるため、監査証跡やコンプライアンスにも容易に対応できる環境を構築できる。データは外部のデータソース(SAPの仕入先/得意先マスタやOutlook VCFファイル)からインポートでき、入力する必要はない。

 今後は、iPhone、iPad、Androidなどの情報携帯端末に対応する予定。


出荷日・発売日 2010年11月4日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

OpenText ECM <文書&コンテンツ統制管理ソリューション> 【オープンテキスト】 File Life Station 2 【フォー・ズィー・コーポレーション】 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 【アドビ システムズ】 「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は 【アドビ システムズ】 ASTRUX 2.0 SaaS 【ソフトバンク コマース&サービス】
文書管理 文書管理 文書管理 文書管理 文書管理
契約書や証憑書類、オフィス文書、画像、動画、更に企業で蓄積されるノウハウや知識情報など多彩なコンテンツを業務プロセスに紐づけて管理・活用できる情報統制・共有基盤 様々なケースで作成される紙文書(原本)に対して、ファイルや保存箱の発生から廃棄まで、文書のライフサイクルを確実に、しかもカンタンに一貫して管理できる。 ジャーナリスト・堀潤が語る「創造的破壊」――書類を変えれば働き方も変わる 「従業員の本業集中」と「顧客体験創出」が働き方改革成功の鍵、実現の要素は 企業における一般文書からISO文書や記録などの運用・管理をWebベースに一元管理し、 オフィスにおける文書管理に関わるさまざまな業務を効率化するSaaS型文書管理システム。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031952


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ