事例:協友アグリ、インフォア製品で情報一元化・経営スリム化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:協友アグリ、インフォア製品で情報一元化・経営スリム化


掲載日:2010/11/08


News

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社は、農薬を製造・販売する協友アグリ株式会社が、日本インフォアのERPソリューション「Infor ERP LX(旧製品名:BPCS)」と業績管理(BI)ソリューション「Infor PM アナリシス」を、8ヵ月という短期間で導入し、情報の一元化と経営のスリム化が図られたと、発表した。

 協友アグリでは、個別に導入されてきた会計・販売・生産・原価管理システムが連動していなかったため、情報管理が担当者によって個別に行われてきた。受注状況をリアルタイムに生産現場に反映するのが難しく、在庫を余分に持つことで対応せざるを得なかった。決算では実際原価の計算に時間がかかり、決算期間短縮を妨げていた。また、情報活用の面では、簡易なDBソフトで作られたDWHはあったものの、担当者が個別に管理していて、具体的な予測シミュレーションや計画立案に活用できるレベルではなかった。

 「Infor ERP LX」が採用された理由は、必要な製造業務要件が既存の機能で網羅されていたことに加え、在庫管理や各製造工程の進捗・コストを管理できるなど管理機能が豊富なことであった。また、分断されていたシステムを統合するために、品番コードの統一とマスターデータの統合・標準化を進める中で、当初段階的に導入を予定していた「Infor PM」も同時稼働させることになった。

 今回導入されたシステムでは、「Infor ERP LX」により、販売・生産・会計システムを統合し、情報の本社組織への集約と一元化を実現した。更に「Infor PM」によってデータを可視化することで、各種の情報をリアルタイムに把握できるようになり、コスト・在庫の削減や、より精度の高い計画の立案が可能になった。

 ERPパッケージに大きな変更を加えずに導入できたため、短期間でカットオーバーでき、BIの活用もスムーズにスタートできた。また、「Infor ERP LX」はIBM iプラットフォームで稼働するため、オープン型プラットフォームに比べシステム設定・管理・維持の工数を削減できたことも、短期導入が実現した理由になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

中堅医薬品・化粧品製造業向けERPパッケージ「JIPROS」 【日本電子計算】 Microsoft Dynamics 365 for Operations 【日立ソリューションズ】 ProActive E2(プロアクティブイーツー) 【SCSK】 経営基盤ソリューション 『 SuperStream-NX 』 【スーパーストリーム】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】
ERP ERP ERP ERP ERP
中堅医薬品・化粧品製造業特化型ERP(販売・生産・原価)パッケージ。 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 会計、販売、資産、人事給与など、基幹業務全般をカバーし、豊富な機能より高い業務適合率を実現。パッケージ利用のメリットを最大限に享受できる超寿命なERP。 ◎会計:完全Web対応の優れた操作性 / 日本の法制度に迅速に対応/多言語・多通貨によるグローバル対応
◎人事給与:高度なタレント管理、人材の適性配置・育成を実現
多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031940


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ