事例:協友アグリ、インフォア製品で情報一元化・経営スリム化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


事例:協友アグリ、インフォア製品で情報一元化・経営スリム化


掲載日:2010/11/08


News

 日本インフォア・グローバル・ソリューションズ株式会社は、農薬を製造・販売する協友アグリ株式会社が、日本インフォアのERPソリューション「Infor ERP LX(旧製品名:BPCS)」と業績管理(BI)ソリューション「Infor PM アナリシス」を、8ヵ月という短期間で導入し、情報の一元化と経営のスリム化が図られたと、発表した。

 協友アグリでは、個別に導入されてきた会計・販売・生産・原価管理システムが連動していなかったため、情報管理が担当者によって個別に行われてきた。受注状況をリアルタイムに生産現場に反映するのが難しく、在庫を余分に持つことで対応せざるを得なかった。決算では実際原価の計算に時間がかかり、決算期間短縮を妨げていた。また、情報活用の面では、簡易なDBソフトで作られたDWHはあったものの、担当者が個別に管理していて、具体的な予測シミュレーションや計画立案に活用できるレベルではなかった。

 「Infor ERP LX」が採用された理由は、必要な製造業務要件が既存の機能で網羅されていたことに加え、在庫管理や各製造工程の進捗・コストを管理できるなど管理機能が豊富なことであった。また、分断されていたシステムを統合するために、品番コードの統一とマスターデータの統合・標準化を進める中で、当初段階的に導入を予定していた「Infor PM」も同時稼働させることになった。

 今回導入されたシステムでは、「Infor ERP LX」により、販売・生産・会計システムを統合し、情報の本社組織への集約と一元化を実現した。更に「Infor PM」によってデータを可視化することで、各種の情報をリアルタイムに把握できるようになり、コスト・在庫の削減や、より精度の高い計画の立案が可能になった。

 ERPパッケージに大きな変更を加えずに導入できたため、短期間でカットオーバーでき、BIの活用もスムーズにスタートできた。また、「Infor ERP LX」はIBM iプラットフォームで稼働するため、オープン型プラットフォームに比べシステム設定・管理・維持の工数を削減できたことも、短期導入が実現した理由になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Infor SyteLine 【日立システムズ】 外食業向けクラウド型店舗トータルサービス 「FOOD-LINK R2.5」 【東計電算】 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣 【インフォアジャパン】 「基幹系システム」に関するアンケート 【NTT東日本(東日本電信電話株式会社)】 Microsoft Dynamics AX 【日立ソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 外食産業界に業種特化したパッケージ群からなるASP型ERPパッケージ。各サブシステムを組み合わせることで、低価格でユーザニーズに応えるシステム構築が可能。 厳格な製薬業界の規制に対応、保全担当の業務効率が大幅改善した秘訣 ギフト券【5万円分】が抽選で当たる★「基幹系システム」に関するアンケート 生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031940


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ