日本IBM、大量データの並列処理向けクラウド・サービスを開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本IBM、大量データの並列処理向けクラウド・サービスを開始


掲載日:2010/11/04


News

 日本アイ・ビー・エム株式会社(日本IBM)は、HPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)環境を提供するクラウド・サービス「IBM Computing on Demand」を拡充し、GPU(画像処理向け補助演算装置)を汎用化したGPGPU(General-Purpose GPU)による、大量データの並列処理に優れたHPC環境を提供するサービスを、開始した。

 「IBM Computing on Demand」は、IBMのデータセンタに設置され、HPC向けに構成されたサーバ/ストレージを、高いセキュリティで保護されたネットワークを介して利用できるクラウド・サービス。発注から1週間以内に必要な資源を提供できる。ユーザは必要なソフトウェアをインストールし、イントラネット上の資源として管理できる。繁忙期への対応や短期間での新製品開発などで一時的なパフォーマンスの増強が必要な際に、必要な期間だけ利用できる。

 今回開始されたサービスでは、448個の演算コアを搭載したGPGPU2個を最小単位とし、1週間以上・1日単位の期間で利用できる。GPGPU2個の環境でも、1TFLOPS(テラ・フロップス:1秒間に1兆回の浮動小数点数演算)を超える処理能力を備えている。また、サービスの基盤は、省スペースと高い冷却効率で消費電力低減を図った「IBM System x iDataPlex dx360 M3」で、1サーバあたり2個のGPGPUが搭載されている。

 既存のCPUベースのHPCアプリケーションをGPGPU向けに最適化するために、スーパーコンピュータ向けアプリケーションの開発エンジニアによる「IBM 超並列技術支援サービス」が用意されていて、アプリケーション移行のアセスメントや作業支援、全作業の請け負いサービスなどが提供される。

 なお使用料金は、8個のGPGPUによる4.12TFLOPSの処理能力を1ヵ月利用する場合で160万円からとなっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031905


IT・IT製品TOP > サーバー > クラスタリング > クラスタリングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ