クライム、VMware対応の統合災害対策ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クライム、VMware対応の統合災害対策ソリューションを発売


掲載日:2010/11/02


News

 株式会社クライムは、仮想化ソリューション「VMware」に対応する、米Veeam Softwareが開発した統合災害対策ソリューション「『Veeam Backup & Replication』Version 5」を、発売した。価格は、オープン価格となっている。

 「『Veeam Backup & Replication』Version 5」では、VMware ESX/ESXi上で稼働する仮想マシン(VM)のバックアップとレプリケーションの2つの機能を1つのパッケージとして提供する。更に、新技術・機能“vPower”により、通常のバックアップ・ストレージ上の圧縮/重複排除されたファイルから直接VMを実行できる。

 “vPower”ではほかに、仮想化されたどのアプリケーションやOSからでもオブジェクト(メールメッセージ/DBレコードなど)レベルのリカバリを行なえる“Universal Application-Item Recovery(U-AIR)”機能を備えている。また、すべてのバックアップの有効性を検証できる“SureBackup Recovery Verification”機能により、隔離された環境でVMを作成し、それをバックアップファイルから直接実行することで、VMを起動し、OSをブートして、すべてが通常通り動作しているかどうかを検証できる。

 “On-Demand Sandbox”機能により、テスト/トレーニング/トラブルシューティングの目的でサンドボックス化された環境のバックアップファイルからVMを実行できる。また、ポイントインタイム・バックアップをVMにマウントすることで、VM全体または個々のファイルを同じイメージレベルのバックアップからリカバリできる“Instant File-Level Recovery”機能も備えている。


出荷日・発売日 2010年11月1日 発売
価格 オープン価格

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 「バックアップ製品」に関するアンケート 【ノックス株式会社、アイティメディア株式会社】 ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理 【ベリタステクノロジーズ合同会社】 そのバックアップ、ランサムウェア対策になっていますか? 【アクロニス・ジャパン】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 「バックアップ製品」のアンケート★回答でギフト券5000円分が当たる 「ひとまず保存」がリスクを生む 散在するデータをどう活用するか? ランサムウェアは対岸の火事ではない。国内でも多くの企業が被害に遭い、一時的に事業を停止せざるを得ない状況に追いこまれた。重要なのは「やられる前」の体制作りだ。

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031885


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ