ソリトン、検疫/IPS機器の新版でスマートフォン等も認識可能に

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ソリトン、検疫/IPS機器の新版でスマートフォン等も認識可能に


掲載日:2010/10/27


News

 株式会社ソリトンシステムズは、米ForeScout Technologies製の検疫/IPS(侵入防御システム)アプライアンス「CounterACT」の新版「Ver.6.3.4」を、12月(予定)より出荷する。価格は、「CT-100/A」が275万円から(保守料金別)となっている。

 「CounterACT」は、ネットワーク感染型のウイルス・ワームや、持ち込み端末の不正接続などのリスクから、企業・組織の内部ネットワークを守るために、セキュリティポリシーのチェックや修正を行なえるアプライアンス型の検疫システム。専用エージェントソフトが不要で、簡単に導入できる。ゼロデイ攻撃に対応した振る舞い検知型IPSを標準装備しているため、検疫をパスした端末が新種のウイルス・ワームに感染しても検知・防御できる。

 今回の新版では、ネットワーク機器の識別機能が強化され、PC・プリンタ・ネットワーク機器に加え、iPhone・Android携帯などのスマートフォンや、iPad、iPodなど、様々なデバイスを識別可能になった。デバイスに対して、指定サーバへの通信のみを許可しそれ以外はブロックするといった細かい通信制御が可能なほか、任意のWebメッセージの表示や、ネットワーク利用申請フローへの誘導が可能。あらかじめ登録したスマートフォンであれば、MACアドレスリストを元に通信を許可するなど柔軟に制御できる。また、利用Webブラウザの情報を判定し、GUIに表示することもできる。

 連携できるスイッチが拡充され、端末の接続先スイッチポート情報のGUI表示や、スイッチポートのポートリンクダウン、VLAN変更などが可能なスイッチベンダに、AlaxalAシリーズが追加された。

 利用者向けのメッセージ表示機能が強化され、Webメッセージだけでなく、タスクトレイでのバルーンメッセージにも対応した(簡易エージェントSecureConnector利用時)。また、管理コンソールのGUIも強化され、IPアドレスベースの一覧表示だけでなく、稼働プロセスや稼働サービスごとの表示が可能になった。


出荷日・発売日 −−−
価格 「CT-100/A」:275万円〜(保守料金別)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは? 【トレンドマイクロ】 事例に学ぶ個人情報保護の実現方法、特定・ブロック・情報共有で「多層防御」 【トレンドマイクロ】 セキュリティインシデントが増加する医療業界、被害を食い止められるのか? 【トレンドマイクロ】 マルチOS対応 検疫アプライアンス QuOLA@Adapter 【エイチ・シー・ネットワークス】 サイバーリスク回避の基本、「セキュリティフレームワーク」導入の最善策 【テナブルネットワークセキュリティ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
半数がセキュリティ上の重大被害を経験、運輸・交通・インフラ業界の課題とは? 事例に学ぶ個人情報保護の実現方法、特定・ブロック・情報共有で「多層防御」 セキュリティインシデントが増加する医療業界、被害を食い止められるのか? 検疫に特化したアプライアンス製品。
必要なときに検疫プログラムをダウンロード・実行でき、持込み環境にも対応。
OSやネットワークごとに検疫内容を細かく指定できる。
サイバーリスク回避の基本、「セキュリティフレームワーク」導入の最善策

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031806


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ