NECDS、環境配慮と使いやすさを図った液晶プロジェクタ5機種

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NECDS、環境配慮と使いやすさを図った液晶プロジェクタ5機種


掲載日:2010/10/26


News

 NECディスプレイソリューションズ株式会社(NECDS)は、プロジェクタ「ビューライト」シリーズの新商品として、環境配慮と使いやすさを図った液晶プロジェクタ5機種を、11月2日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回発売されるのは、パネル解像度XGA(1024×768ドット)/明るさ3500ルーメンの「NP-M350XJL」、XGA/3000ルーメンの「NP-M300XJL」、XGA/2600ルーメンの「NP-M260XJL」、WXGA(1280×800ドット)/3000ルーメンの「NP-M300WJL」、WXGA/2600ルーメンの「NP-M260WJL」の5機種。

 使用環境に合わせて選べる複数の“エコモード”を搭載していて、投写する映像により明るさを自動的に調整し、消費電力を最大で23%低減できるほか、ランプ出力を落とすことで、23%または44%の消費電力を削減できる。更に、無信号時、ミュート時は、消費電力を最大67%まで削減する。また、待機時の消費電力が、同社従来モデルに比べ約3分の1に低減され、0.2Wになっている。

 “エコモード”選択時には、ランプ交換時間を延長できる。「NP-M300XJL/NP-M260XJL/NP-M260WJL」は、最大6000時間(目安)まで延長できるため、従来機種に比べ25%の延長になり、ランプ交換の費用や手間を削減できる。フィルタ清掃時間も従来機種の3.5倍、最大6000時間まで延長できるため、通常の環境ならば、ランプ交換時までフィルタ清掃は不要になる。

 設置範囲を広く取れる1.7倍ズームレンズを採用している。また、市販のUSBケーブルでPCと簡単に接続できる“USBディスプレイ”機能を搭載、ドライバソフト不要で、PCの画面を簡単に投写できる。

 すばやく設置、片付けを行なえる“クイックスタート&クイックオフ”を搭載しているため、電源を入れてから約3秒で接続しているPCやビデオの映像を画面に投写できる。また、“クイックオフ”により、電源を切ると同時に冷却ファンが止まるため、片付けもすばやく行なえる。更に、投写中に本体の主電源スイッチやスイッチ付き電源タップのスイッチなどで電源を切ることができる“ダイレクトパワーオフ”も搭載している。

 選択した信号がない場合は、ケーブル差し込み口を確認するガイダンスを画面上に表示する。また、本体操作部、端子部、リモコンに日本語表記を採用、使いやすさに配慮しているほか、電源ボタンは見やすい青色LEDを採用している。


出荷日・発売日 2010年11月2日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031803


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > プロジェクター > プロジェクターのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ