TSS LINK、USBデバイスの不正利用を防止する情報漏洩対策ソフト

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


TSS LINK、USBデバイスの不正利用を防止する情報漏洩対策ソフト


掲載日:2010/10/26


News

 株式会社ティエスエスリンク(TSS LINK)は、USBデバイスの不正利用を防止する情報漏洩対策ソフトとして、USBデバイス管理システム「セキュアポーターfor USB Pro Ver.2.3」と、USBファイル暗号化ソフト「セキュアポーターforUSB ドライブ版/フォルダ版Ver.1.4」の2製品を、発売した。

 「セキュアポーターfor USB Pro」では、USBデバイスを一元管理してUSBデバイスの不正利用を防止する。管理者が許可したUSBデバイスのみ利用でき、未許可のUSBデバイスは利用できないようにコントロールできる。また、USBデバイスの利用履歴やファイルの操作履歴をログとして記録でき、不正利用を把握できるほか、USBデバイスの自動実行(Autorun)をサーバで強制的に停止して無効化でき、USBデバイス経由で感染する“オートラン”ウイルス対策を図れる。オプションで、許可したUSBデバイスにコピーしたファイルを暗号化する機能も用意されている。

 「セキュアポーターfor USB」は、ファイルをUSBデバイスにコピーすることでファイルが暗号化される。暗号化ファイルは、ファイルに関連付けられたアプリケーションで自動的に復号されるため、普通のファイルと同じ感覚で利用できる(専用の復号ツールが必要)。ファイルの暗号化時に任意のパスワードを設定できるため、USBメモリを紛失しても第三者はファイルを開けない。また、PCにインストールすることですぐに運用開始でき、スピーディに情報漏洩対策を行なえる。PCごとのライセンス形式なので、USBデバイスの利用数は無制限で、USBメモリなどの追加時にも追加費用は不要になっている。


出荷日・発売日 2010年10月25日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「暗号化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「暗号化」関連情報をランダムに表示しています。

「暗号化」関連の製品

個人情報検出・暗号化ソリューション 【ネスコ】 「ファイル暗号化」が徹底できない原因は“利用者任せ”の姿勢にあった? 【日本電気】 InterSafe IRM(インターセーフ アイアールエム) 【アルプス システム インテグレーション】 フルディスク暗号化ソリューション:SecureDoc 【ウィンマジック・ジャパン】 個人情報検出・管理ソフト 「PCFILTER」 【Jiransoft Japan】
暗号化 暗号化 暗号化 暗号化 暗号化
マイナンバーや個人情報を検出する「P-Pointer」と、ハイレベルのセキュリティを実現するDRM製品「DataClasys」とを組み合わせたソリューション。 「重要情報を含むファイルは保護すること」などのルールがあるのに、強制力がなく機能していないケースがある。それはなぜなのか。有効なファイル保護の具体策とは。 ファイルを保存時に自動で暗号化する情報漏洩対策ソフト。パスワードが不要で、暗号化忘れを防止できるほか、利用権限設定も可能。 OSやシステムファイルを含むハードディスク全体を暗号化。暗号化後のパフォーマンスに優れ、認証ツール(トークン)にも対応するなど、ニーズに合わせた柔軟な運用が可能。 マイナンバーや個人情報などの重要情報を含むファイルをPCやネットワークドライブから素早く見つけ出し、適切な対処と情報管理を行う。ソフトウェアのほか、SaaSでも提供。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031798


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 暗号化 > 暗号化のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ