NEC、CPUなど強化し、Hyper-V2.0に対応した無停止型サーバを出荷

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NEC、CPUなど強化し、Hyper-V2.0に対応した無停止型サーバを出荷


掲載日:2010/10/25


News

 日本電気株式会社(NEC)は、無停止型サーバ(フォールトトレラント・サーバ)「Express5800/ftサーバ」で、マイクロソフト社の仮想化基盤「Microsoft Hyper-V」に新たに対応し、CPUやディスク容量を強化した新モデルを、出荷した。

 「Express5800/ftサーバ」は、CPU、メモリなど主要なハードウェアをすべて二重化し、ハードウェア障害によるシステム停止のリスクを低減した高可用性サーバ。今回出荷されたのは、ミッドレンジモデル「Express5800/R320b-M4」(Windows Server 2008 R2モデル)と、エントリモデル「Express5800/R320a-E4」(Windows Server 2008 R2モデル)。最大ディスク容量はいずれも最大4.8TBに強化されている。

 OSにWindows Server 2008 R2 Enterpriseを採用、同OSに搭載されている仮想化基盤「Microsoft Hyper-V2.0」に対応している。仮想化基盤上で動作するゲストOS用ライセンスがあらかじめ4ライセンス添付されているため、中堅中小企業など、初期投資を抑えスモールスタートでサーバ統合を行ないたい企業に適している。

 インテル社の最新CPUを搭載し、処理性能が従来モデル「Express5800/R320a-M4」に比べ1.4倍に向上している。また、搭載可能なディスク容量が従来比2倍の4.8TBまで拡大されているなど、サーバ統合基盤に求められる高度なハードウェア性能を備えている。

 なお価格は、「Express5800/R320b-M4」が226万円から、「Express5800/R320a-E4」が148万円から(いずれもメモリレス、ディスクレス)となっている。


出荷日・発売日 2010年10月22日 出荷
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「その他サーバー関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他サーバー関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他サーバー関連」関連の製品

物理サーバの導入に関するアンケート 【ユニアデックス】 監視・ログ管理サーバ GAZERシリーズ 【インフィニコ】
その他サーバー関連 その他サーバー関連
抽選で5名様に5000円分商品券★「物理サーバ」関連のアンケート 記憶装置にフラッシュメモリを使用しディスクレス、ファンレスのスピンドルレス設計で安心の監視・ログ管理サーバ。故障機器を自動認識する「FaultLocator機能」搭載。

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031779


IT・IT製品TOP > サーバー > その他サーバー関連 > その他サーバー関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ