CSEとウォッチガード、ワンタイムパスワードとSSL-VPN機器を連携

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


CSEとウォッチガード、ワンタイムパスワードとSSL-VPN機器を連携


掲載日:2010/10/22


News

 株式会社シー・エス・イー(CSE)とウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社は、CSEが開発したワンタイムパスワード認証製品「SECUREMATRIX」とウォッチガードのSSL-VPNアプライアンス「WatchGuard SSL 100/560」を連携したリモートアクセスソリューションを、共同で発売する。

 「SECUREMATRIX」は、人が頭の中に想い描くイメージとワンタイムパスワードを融合した“マトリクス認証”方式を採用した、認証デバイスを使わない本人認証システム。64個の数字がアクセスするたびにランダムに表示される“マトリクス表”と、利用者の頭の中の鍵であるパスワードイメージを使ったワンタイムパスワードを実現でき、固定パスワード方式に比べ安全性を向上できる。

 「WatchGuard SSL 100/560」は、一連のセキュアリモートアクセスの機能が集約され、容易に導入・稼働できる。プラグアンドプレイにより、その他のソフトウェアの導入は不要で、企業のニーズに合った構成を柔軟に設定できる。今回、バージョンアップされ、「SECUREMATRIX」との連携機能が標準搭載された。

 今回発売されるリモートアクセスソリューションでは、「SECUREMATRIX」の認証APIが「SSL 100/560」に組み込まれている。連携機能が標準搭載されたことで、これまで「SECUREMATRIX」連携に必要だったサーバ台数を2台から1台に削減でき、サーバの購入・管理コストを削減できる。また、より簡単に運用開始できるよう両社から導入ガイドが提供されるため、IT担当者が少ない中堅・中小企業でも、低コストで簡単に導入・運用でき、安全に社内のリソースへアクセスすることが可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 若年顧客を呼び込んだ電子サインシステム「Adobe Sign」 【アドビ システムズ 株式会社】 “情報漏洩体質”と今こそ決別する「データセキュリティ4カ条」 【KDDI】 NeoFace Monitor 【NEC】 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN 【日本マイクロソフト】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 革新者が語る 旧体制を破壊した顧客体験志向とデジタルの事例 脅威は外部攻撃だけではない 内部からの情報漏えいを防止する4カ条 高度な顔認証エンジンで、PC起動時からログアウトまでのPCのセキュリティ確保を行う顔認証PCセキュリティソフトウェア。 新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031751


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ