レノボ、エンタープライズ向けオールインワンデスクトップPC発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、エンタープライズ向けオールインワンデスクトップPC発売


掲載日:2010/10/20


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、金融、医療、教育、小売業、サービス業界など様々な業種向けに、使い勝手やメインテナンス性に配慮し省スペース化を達成、環境にも配慮した、「ThinkCentre M70z All-In-One」を、発売した。

 「ThinkCentre M70z All-In-One」は、企業向けオールインワンデスクトップ製品群の第3弾になるメインストリーム製品。19インチワイドTFT液晶(1440×900ドット、光沢なし)を搭載し、CPUはCore i5-650プロセッサ、Core i3-540プロセッサ、PentiumプロセッサG6950から選択できる。インテルH57 Expressチップセットを採用していて、250GB/320GBのHDD、最大8GBのDDR3メモリを搭載できる。また、初期導入OSはWindows 7 Professional(32ビット)正規版を搭載している。

 フォト・フレーム・スタンド・タイプで幅470mm×奥行き111mm×高さ396mmとコンパクトサイズで限られたスペースでも設置できるほか、無線LANを標準搭載している。また、アナログの外部入力ポートを装備、ノートブック製品などの外部モニタとして使用できる。マルチタッチ・ディスプレイ搭載モデル(11月発表予定)も用意されている。

 200万画素のHD Webカメラとデジタル・アレイ・マイクを標準装備していて、ビデオ会議環境を提供する。デジタル・アレイ・マイクのミュート・ボタンやWebカメラのオン/オフスイッチを前面パネルに搭載したことでWeb会議での利便性を向上している。デュアル・ディスプレイ環境を構築するためにDisplayPortを標準搭載し、DisplayPort to DVI変換ケーブルを同梱している。スタンドは、画面角度を調節して使用するフォト・フレーム・スタンド・タイプを中心に、高さ調節可能なモニタ・スタンド・タイプも用意されていて、使いやすい方法を選択できる。また、筐体上部に採用したトップ・ハンドルは、梱包箱からの出し入れや製品を容易に持ち運びできるように配慮された機構で、使い勝手を考慮して実現したエルゴノミクス・デザインにより設計されている。

 ThinkVantage テクノロジーにより経費削減を図れるほか、TCO Certified Edgeに認定され、環境に配慮している。また、部屋の明るさにより自動で輝度を調節する機能により電気料金の節約を図れるほか、ENERGY STARに適合し、およそ2000種類の潜在的危険物質の有無の確認を含むGEI(GREENGUARD Environmental Institute)のテストにも合格している。



出荷日・発売日 2010年10月19日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031728


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ