マカフィー、脆弱性検査ソフトの新版でWebアプリ診断などに対応

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


マカフィー、脆弱性検査ソフトの新版でWebアプリ診断などに対応


掲載日:2010/10/20


News

 マカフィー株式会社は、セキュリティ脆弱性検査ソフトウェアの新版「McAfee Vulnerability Manager version 7.0」の提供を、開始した。

 今回の新版では、Webアプリケーションの脆弱性を診断できる。Webサイトのスキャンと情報収集を行なうと同時に、SQLインジェクションや脆弱なパスワードの危険性を確認できる。

 情報セキュリティ体制を構築する際の、負担が大きい作業や、担当者によるばらつきが生じやすい判断に関して自動化を行ない、優先順位に基づいた作業のプロセスを構築できる。客観的な指標により、リスク状態を把握し、より効果的にリスクを下げることで、セキュリティ体制の構築を支援し、既存体制の改善を図れる。また、最新の脆弱性情報を使用することで、情報資産の脆弱性を評価できる。定義されたルールに基づき、優先度をつけた対策を行なえる。

 セキュリティマネジメントコンソール「McAfee ePolicy Orchestrator」(ePO)の単一コンソールで統合管理することで、企業のセキュリティを強化しながら、セキュリティ運用コストの削減を図れる。

 同社では、「Vulnerability Manager」を「McAfee Risk Advisor」などと組み合わせることで、統合リスク管理ソリューションを提供する。同ソリューションは、リアルタイムの脅威情報とアプリケーション全般にわたって脆弱性をグローバルベースでスキャンする機能を備え、DBとネットワークを一体化することで、セキュリティ対策の優先度が最も高いリスクを把握することが可能になる。

 同ソリューションにより、企業は、DB・Webアプリケーション・システム・ネットワークなど、自社IT環境の様々な要所のセキュリティ状況を理解し、最適化するために必要なものを把握できる。また、自社の限りあるリソースを保護度の高い企業情報に集中させることで、より積極的な企業セキュリティを実現できる。

 なお、「Vulnerability Manager」アプライアンスの価格は、1台157万5000円(税込)で、サポート料が別途必要になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

アプリケーションのセキュリティ管理を行うための5ステップ 【日本アイ・ビー・エム】 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で苦慮、なぜ? 【日本アイ・ビー・エム】 2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 【ゲイトウェイ・コンピュータ】 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由 【日本アイ・ビー・エム】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
管理者がアプリケーションのセキュリティ管理を行うための5つのステップ 4分の3以上がモバイルアプリのセキュリティ確保で立ち往生、それはナゼか? 2大Web攻撃への備えは万全か? Webページとネットワークの脆弱性をプロが診断 狙われる前に先手を 情報漏えい防止に「動的診断ツール」の理由

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031725


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ