日本オラクル、アプリケーション上でセキュリティを強化する製品

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本オラクル、アプリケーション上でセキュリティを強化する製品


掲載日:2010/10/18


News

 日本オラクル株式会社は、企業のアプリケーション上でのセキュリティ強化と運用の簡素化を支援する「Oracle Identity Management 11g」を、発表した。

 「Oracle Identity Management 11g」では、開発者にID・パスワード管理、強固な認証・認可、ワークフロー、監査の共有サービスを提供することで、アプリケーション上のセキュリティ強化と運用の簡素化を図れる。オンプレミスに加え、クラウド型のSaaSアプリケーション向けに単一の管理機能を提供するため、企業システムの環境変化に柔軟に対応できる。

 「Oracle Fusion Middleware 11g」のコンポーネントで、組織のセキュリティやコンプライアンス状況の全体像を把握でき、透明性向上、リスク軽減などを図れる、コンプライアンス機能を提供する。また、一元的なユーザ管理機能とロール管理機能により、ID管理、プロビジョニング、よりきめ細やな認可ポリシーに基づく管理作業の委任や、BPELベースの柔軟なセルフ・サービス機能と承認ワークフロー機能が提供される。

 「Oracle Access Manager 11g」は、「Oracle Coherence」ベースのインメモリ・セッション管理などを支援する「SSO Security Zones」を提供する。また、「Oracle Adaptive Access Manager 11g」では、メール、自動音声応答(IVR)などによってワンタイム・パスワード・サポートを提供する「One Time Password Anywhere」により企業での不正防止を図れる。

 「Oracle Identity Analytics 11g」は、社内の様々なシステムのID情報を収集、権限情報を分析することで、不正な権限集約などの重大なコンプライアンス違反の発生、ポリシー違反を自動的に検出する。ビジネス・インテリジェンスとセキュリティを統合する「Enterprise Compliance and Governance」により、企業全体のアクセス権証明やアクセス・ポリシー施行に関係する、コンプライアンス・プロセスを自動化する。また、「Oracle OpenSSO Fedlet 11g」と「Oracle OpenSSO STS 11g」では、迅速な連携が求められるアプリケーションに対して、複数の認証基盤との連携やWS-Trust仕様に基づいたセキュリティ・トークンの発行・検証・交換を行なえる。

 「Oracle Enterprise Manager Grid Control Management Pack for Identity Management 11g」は、すべての「Oracle Identity Management 11g」コンポーネント向けに最新の監視、診断、性能管理を提供する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 AXIOLE 【ネットスプリング】 Wi-Fi制御/VPN利用の強制 秘文 Device Control 【日立ソリューションズ】 FutureNet RA-1200/RA-830 【センチュリー・システムズ】 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴 【シマンテック】
認証 認証 認証 認証 認証
Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 LDAP、RADIUS認証プロトコルに対応し、最大2万5000アカウントまでサポートする、ローカルとクラウドの認証を一元化できるアプライアンスサーバ。 Wi-Fi制御とVPN利用の強制でネットワークの安全な活用を実現するWindows PC・タブレット向けソリューション。通信回線は、無線LAN、3G、LTEいずれでも適用可能。 大規模なIP-VPNサービスのRADIUS認証サーバとして利用でき、IEEE802.1X認証にも対応。冗長化構成もサポートした純国産のサーバアプライアンス。 ここまで進化した「セキュアWebゲートウェイ」 知らないと損する8つの特徴

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031693


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ