顧客ごとの粗利を自動算出できるCRMサービスをJBtoBが提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


顧客ごとの粗利を自動算出できるCRMサービスをJBtoBが提供


掲載日:2010/10/18


News

 ジェイビートゥビー株式会社(JBtoB)は、スーパーやドラッグストアなどの小売業で活用できる、顧客ID付きPOSデータを活用したASP型CRMサービスに、顧客ごとの購買履歴から粗利を自動算出・表示する機能を新たに標準搭載した「ASPossible(エーエスポッシブル)」の提供を、開始した。価格は、月額20万円からとなっている。

 今回搭載された機能では、ID付きPOSデータから“顧客ごとの粗利”を自動計算して個別に表示できる。これにより、キャンペーンでDMを送付する顧客を“利益貢献度の高い顧客”という要素で絞り込めるため、そのような顧客に対してのみ利益を還元したり、特別なサービスを提供したりすることが可能になり、マーケティングにかかるコスト効率を向上できる。

 この機能を活用することで、例えば“購買金額上位10%の顧客の中にも、粗利額がマイナスで利益貢献度の低い顧客が3%程度いる”といった分析が可能になり、真に大切な顧客が誰なのか分かるなど、CRMの更なる活用が可能になる。


出荷日・発売日 −−−
価格 月額:20万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

クラウド型CRMサービス FlexCRM 【ノイアンドコンピューティング】 Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM CRM CRM
本格的なCRM/SFA(顧客関係管理)を、安価な月額料金で提供。顧客管理、販売管理、日報/案件、カスタマーサポートなど豊富なメニューから必要な機能を選んで利用できる。 セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント 優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031687


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ