中小オフィス向けIT支援サービスの機能をキヤノンMJが拡充

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


中小オフィス向けIT支援サービスの機能をキヤノンMJが拡充


掲載日:2010/10/15


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、IT支援サービス「HOME」の機能を、10月中旬より順次拡充する。

 「HOME」は、中小オフィスのITインフラを手軽、低コストに構築できるサービスで、ユーザは優れたクラウドサービスを初期投資・運用コストを抑えながら、月額課金方式で利用できる。UTM(統合脅威管理装置)でネットワークセキュリティを強化する“HOME-UNIT”と、企業内ポータルでSaaSアプリケーションを利用できる“HOME-PORTAL”、導入後の運用を専門スタッフが遠隔支援する“HOME-CC”の3つで構成されている。

 今回、“HOME-PORTAL”に新機能が追加され、SaaSアプリケーションのメニューが拡充される。キヤノンのオフィス用複合機「imageRUNNER ADVANCE」と連携する“HOME-BOX”という機能が追加され、使い慣れた複合機を入力機器にすることでクラウドサービスを簡単に活用できるようになる。例えば、スキャンした紙文書や受信FAXをワンタッチでクラウド上のデータセンタに格納し、ポータルから閲覧でき、ワークフローの変革とオフィスの生産性向上を支援する。

 また、“HOME-MANAGER”機能により、社内ネットワークに接続されたPCやプリンタ
などを自動的にマッピングし、ソフトウェアのバージョンや機器のリース期間などを統合管理できるほか、“HOME-Link”機能により、社内外のサイトをポータルに登録でき、外部のクラウドサービスをシングルサインオンで手軽に利用できる。

 なお、「HOME」の価格は月額1万2000円で、サービス開始にあたり別途6万円の「Starting PACK」を購入する必要がある。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「シングルサインオン」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「シングルサインオン」関連情報をランダムに表示しています。

「シングルサインオン」関連の製品

Active Directory基礎解説:「ID連携」の仕組みと構成パターン 【日本マイクロソフト】 IceWall SSO 【日本ヒューレット・パッカード】 SSOcube 【ネットスプリング】 クラウド対応認証シングルサインオン WisePoint Shibboleth 【ファルコンシステムコンサルティング】 複数クラウド環境のセキュリティと利便性を両立する認証基盤とは 【ファルコンシステムコンサルティング】
シングルサインオン シングルサインオン シングルサインオン シングルサインオン シングルサインオン
30分で理解! ID連携を始める前に知っておきたい基礎知識 国内導入実績No.1※シングルサインオン製品
Office 365、Salesforce、GoogleApps等と認証連携(フェデレーション)が可能
OATH準拠のOTPソリューション、モバイルSSOも提供
シングルサインオン、ID管理・認証機能まで、オールインワンで実装したシングルサインオンアプライアンス。
◎低コスト化を実現、導入・運用管理も容易。
ワンタイムパスワード認証システム「WisePointシリーズ」の、クラウドサービス・社内Webシステムへのログインに特化した製品。Shibboleth(シボレス)認証、SAML2.0対応。 複数クラウド環境のセキュリティと利便性を両立する認証基盤とは

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031679


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > シングルサインオン > シングルサインオンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ