キヤノンMJ、出力を高速化したA4対応モノクロレーザー複合機発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンMJ、出力を高速化したA4対応モノクロレーザー複合機発売


掲載日:2010/10/15


News

 キヤノンマーケティングジャパン株式会社(キヤノンMJ)は、ホームオフィスや中/小規模事業所向けに、A4対応モノクロレーザー複合機の新製品「Satera MF4580dn」など7機種を、10月21日より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 今回発売されるのは、コピー、印刷、FAX、スキャンの4つの機能を備えた「Satera MF4580dn/MF4570dn/MF4550d/MF4450」と、コピー、印刷、スキャンの3つの機能を備えた「MF4430/MF4420n/MF4410」の計7機種。「Satera MF4500」シリーズは、両面印刷にも対応している。

 新開発のエンジンを採用したことで、出力スピードを従来機種の毎分22枚から「Satera MF4500」シリーズは25枚に、「Satera MF4400」シリーズは23枚に高速化(いずれもA4タテ)されている。また、オンデマンド定着技術などにより、9秒以下のファーストコピータイムとスリープ時消費電力3W以下(使用条件によって異なる場合がある)を達成している。

 「MF4580dn」は、最大50枚の連続コピーを行なえる“両面対応ADF(自動原稿送り装置)”を搭載、業務の負荷軽減を図れる。また、4枚の原稿を縮小して1枚にまとめる“4in1”機能と、目的に合わせて25%から400%まで縮小拡大できるズーム機能を搭載している。

 操作部の液晶画面に、従来機種の2行から5行に表示部を拡大した“5行LCDパネル”を採用、アニメーションや流れる文字で作業手順を分かりやすくガイドするなど、操作性が更に向上している。従来機種に比べ操作ボタンが「Satera MF4580dn/MF4570dn/MF4550d/MF4450」は43個から38個に、「MF4430/MF4420n/MF4410」は30個から14個に削減されていて、より簡単に操作を行なえる。また、前面部には質感にこだわった高品位なピアノブラックを採用、様々なオフィス空間に調和するスタイリッシュなデザインになっている。ラックへの収納も可能な390mm(幅)のコンパクトボディーにより、オフィスの省スペース化を図れる。


出荷日・発売日 2010年10月21日 発売
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「オフィス機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031678


IT・IT製品TOP > オフィス機器 > 複合機 > 複合機のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ