ホスティングにハイブリッドクラウドなどの機能をNTT Comが追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ホスティングにハイブリッドクラウドなどの機能をNTT Comが追加


掲載日:2010/10/15


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、企業の基幹システムや情報インフラ基盤に対応する仮想化技術を活用したホスティングサービス「Bizホスティング エンタープライズ」に、機能を追加する。

 今回機能追加されるのは、ハイブリッドクラウド(クラウド/オンプレミス連携)、シームレス・クラウドマネジメントなど。ハイブリッドクラウドでは、ユーザ独自の業務要件やアプリケーション要件に応じて自社運用(オンプレミス)のサーバや各社クラウドサービスを連携し、柔軟に使い分けられるハイブリッドクラウド環境を構築する。クラウド/オンプレミスの連携により、ICT設備を自社運用、プライベートクラウド、パブリッククラウドのそれぞれに適材適所で配置でき、機能面、コスト面の両方でシステムを最適化できる。

 シームレス・クラウドマネジメントでは、国内外ネットワークと自社運用、プライベートクラウド、パブリッククラウドを一体化したエンドツーエンドの品質管理が提供される。専門スキルを持ったエンジニアによる運用体制が用意され、トラブル発生時にワンストップで対応できる。また、「Bizホスティング エンタープライズ」では、サービス稼働率99.99%保証が行なわれる。

 全体最適化/導入コンサルティング、ICTリソース提供(ハイパーバイザーの追加)、コネクティビティ強化も行なわれる。全体最適化/導入コンサルティングでは、専門のエンジニアが、ユーザの現状や要望に基づいた、システム全体を最適化するデザイン設計のコンサルティングを行なう。導入時には、トライアル環境が提供され、アプリケーションの動作検証を行なうなどのサポートにより、システムの全体最適効果を図れる。

 ICTリソース提供(ハイパーバイザーの追加)では、今回、日本オラクル株式会社のOracle VMが選択可能なハイパーバイザーとして追加されたことで、業務に適した仮想化基盤を選択し、ハイパーバイザーを組み合わせた柔軟なシステムを構成できる。最低1ヵ月、最小リソース単位で提供できるようになった。また、コネクティビティ強化では、IPv6インターネット接続に対応することで、全世界的にユニークなアドレスを使用した安全で柔軟なプライベートクラウド環境を構築できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ホスティング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ホスティング」関連情報をランダムに表示しています。

「ホスティング」関連の製品

SPPDレンタルサーバー 専用サーバー 【スタジオマップ】
ホスティング
用途に合わせて選べる全5コースを用意し、最も安価なエントリーコースでも運用保守を任せられるフルマネージドを実現した法人向けレンタルサーバー。Linux/Windows対応。

「データセンター」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031677


IT・IT製品TOP > データセンター > ホスティング > ホスティングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ