「vibit CMS」でマルチライセンスプランをヴィビットがリリース

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


「vibit CMS」でマルチライセンスプランをヴィビットがリリース


掲載日:2010/10/15


News

 ヴィビットインタラクティヴ株式会社(ヴィビット)は、実際のブラウザ画面を見たまま簡単にページを更新できるCMS(Contents Management System)「vibit CMS」で、1社で複数サイトを運営している企業を対象に、1つのパッケージで「vibit CMS」を複数サイトに利用できるマルチライセンスプラン「vibit CMS X」シリーズを、10月22日より発売する。

 「vibit CMS X」では、1パッケージで5〜10サイト分のライセンスをインクルードしているため、1ライセンスごとにCMSを購入する場合に比べ導入コストやランニングコストを最大3分の1に抑えられ、複数サイトに同じタイプのCMSをローコストで導入・運用したい企業Web担当者のニーズに対応できる。更に、従来はシングルユーザのみだったライトプランが、5ユーザまでにユーザ数を拡張され利便性が向上している。

 また同社は、機能限定の低価格ASP版「vibit CMS LE」を株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ(KWC)のホスティングブランド“CPI”の共用サーバシェアードプランで、ユーザ向けオプションサービスとして、提供を開始した。「vibit CMS LE」は、主にWeb制作会社が数十〜300ページ程度のスモールサイトの顧客企業サイト向けにCMSを導入する際に、顧客企業のWeb担当者が使いやすく、導入コストや工数、サイト制作工数を削減できるCMSとして活用できるように機能限定で提供される。

 「vibit CMS X」「LE」ともに、Web制作会社向けにはテンプレート作成ガイドやサンプルテンプレートなどの各種マニュアルが標準添付され、Web制作担当者が「vibit CMS」のテンプレート作成・設定を簡単に行なえるようにサポートしている。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「WEB構築」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031676


IT・IT製品TOP > WEB構築 > その他WEB構築関連 > その他WEB構築関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ