富士通BSC、クラウドで簡単に低コストなメール誤送信対策を開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


富士通BSC、クラウドで簡単に低コストなメール誤送信対策を開始


掲載日:2010/10/14


News

 株式会社富士通ビー・エス・シー(富士通BSC)は、情報セキュリティソフト「FENCE」シリーズで、メール誤送信対策サービスをクラウド化した「FENCE-Mail Cloud」を、11月よりサービス開始する。

 「FENCE-Mail Cloud」は、ゲートウェイ型メール誤送信対策ソフトウェア「FENCE-Mail For Gateway」が、クラウド環境で提供されるサービス。メールサーバをクラウド利用している企業は、高度なメール誤送信対策を簡単に低コストで行なえる。また、今後メールサーバのクラウド化を検討している企業には、メールクラウドサービスへのインテグレーションサービスもあわせて提供される。

 メール本文と添付ファイルを自動的に暗号化するため、利用者に負担をかけず確実な対策を行なえる。セキュリティを強化する“FENCEブリーフケース”(暗号化アーカイブファイル:AES256ビット)やパスワード付ZIP形式など複数のセキュリティ手段をメールごとに設定できる。

 設定したメール監査ルールに則して、メールの本文や添付ファイルの中の機密情報、個人情報関連の語句を自動的に検査でき、検出されたルール違反メールを中断または一旦保留して、承認されたメールだけを送信できる。また、クラウドサービスなので、メール送信環境の更新(PCの入れ替えや増加)にともなうクライアントソフトの導入や管理は不要で、メールサーバのリレー先を「FENCE-Mail Cloud」に変更することで導入できる。

 高セキュリティと高信頼のデータセンタ「富士通館林システムセンター」から提供されるため、安定的なデータ管理を行なえる。

 なお価格は、初期費用が1企業あたり5万2500円、月額費用が1メールアカウントあたり210円(いずれも税込)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】 標的型メール訓練サービス 【日立ソリューションズ】 メール誤送信防止ソフトウェア 「CipherCraft/Mail」 【NTTテクノクロス】 標的型攻撃入口対策ソフト 「CipherCraft/Mail 標的型メール対策」 【NTTテクノクロス】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか 単に社員ごとの開封/未開封が確認できるだけでなく、業務にあわせたメール文面のカスタマイズや、開封してしまった後の教育までサポートする標的型メール訓練サービス。 ・9年連続シェアNo.1のメール誤送信防止・暗号化ソフトウェア
・メール送信前に確認画面で、うっかりミスによるメール誤送信を未然に防止
受信メールに紛れ込む不審なメールをリアルタイムで検知・隔離し、受信する前に警告を出して注意を促すことで、標的型攻撃を未然に防ぐソフトウェア。 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031656


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ