レノボ、NVIDIA Optimusテクノロジ採用ノートブックPC2機種発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レノボ、NVIDIA Optimusテクノロジ採用ノートブックPC2機種発売


掲載日:2010/10/14


News

 レノボ・ジャパン株式会社(レノボ)は、ノートブックPC「ThinkPad T410s」「ThinkPad T510」の2機種に、NVIDIAのGPU切り替え技術“NVIDIA Optimusテクノロジ”搭載モデルを追加し、発売した。

 “NVIDIA Optimusテクノロジ”は、今回発売された2機種のNVIDIAのGPUを搭載したWindows 7モデルにのみ対応する。PC上でアクティブになっているアプリケーションを、プロファイル情報からチェックし、ディスクリートGPUを有効にするのか統合グラフィックスを有効にするのかを自動で判断する。アプリケーションによって効率的に処理できるプロセッサに負荷を分けることで、バッテリ駆動時間を長時間化できる。また、既存のスイッチャブル・グラフィックスと同等のパフォーマンスを備え、長時間のバッテリ駆動と高いパフォーマンスを備えている。

 「ThinkPad T410s」は、最薄部厚さ21.1mm/重さ1.79kg(標準の6セルバッテリ搭載時)で、LED バックライト14.1インチWXGA+(1440×900ドット)TFT液晶、Core i5-560M プロセッサ、モバイル インテルQS57 Expressチップセット、NVIDIA NVS 3100M、250GBのHDDを搭載していて、最大8GBのメモリを搭載できる。最大約4.7時間のバッテリ駆動時間(6セルバッテリ搭載時)を達成している。

 「ThinkPad T510」は、最薄部厚さ32.0mm/重さ2.72kg(標準の9セルバッテリ搭載時)で、LED バックライト15.6インチHD+(最高1600×900ドット)TFT液晶、Core i5-560Mプロセッサ、モバイル インテルQM57 Expressチップセット、NVIDIA NVS 3100M、320GBのHDDを搭載していて、最大8GBのメモリを搭載できる。最大約8.4時間のバッテリ駆動時間(9セルバッテリ搭載時)を達成している。

 いずれも、OSにはWindows 7 Professional正規版(64ビット)を搭載しているほか、WLAN、WiMAX、Bluetoothの各種通信モジュールを搭載している。また、“NVIDIA Optimusテクノロジ”により、本体のディスプレイポート、オプションのミニ・ドックプラスのDVI/VGAポートを使用することで、同時に4つのスクリーンへの出力を行なえる。複数のモニタで多くの情報を表示することで、ビジネスの生産性向上を図れる。


出荷日・発売日 2010年10月13日 発売
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PC」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031654


IT・IT製品TOP > PC > デスクトップパソコン > デスクトップパソコンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ