4.3型液晶搭載ICカードリーダライタをドコモ・システムズが発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


4.3型液晶搭載ICカードリーダライタをドコモ・システムズが発売


掲載日:2010/10/13


News

 ドコモ・システムズ株式会社は、4.3インチワイド液晶モニタ/タッチパネルを搭載した非接触型ICカードリーダライタ「WB-1JN」/「WB-1JR」を、11月19日より予約受付開始し、12月より発売する。価格は、オープン価格となっている。

 「WB-1JN」は近距離無線通信規格“NFC(Near Field Communication)”(ISO/IEC 18092)、「WB-1JR」は近傍型非接触ICカードの国際規格ISO/IEC 15693に、それぞれ対応している。いずれも、ISO9001の認証を取得している国内工場で生産され、生産体制の安定化が図られている。

 従来機に比べクロック数が倍増した新CPUや2倍の容量となるSDRAMを採用したほか、OSをWindows Embedded CE 6.0に変更するなど、基本スペックが向上している。また、人感センサを搭載し、利便性と環境への配慮の両立を図っている。

 アプリケーションの開発ベンダ向けに、リーダライタを制御するためのAPI(Application Program Interface)が用意され、従来に比べ迅速で容易なアプリケーション開発を支援する。


出荷日・発売日 −−−
価格 オープン価格

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「認証」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「認証」関連情報をランダムに表示しています。

「認証」関連の製品

RADIUSアプライアンスサーバ シリーズ 【インフィニコ】 サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 【シーディーネットワークス・ジャパン】 多要素認証基盤「IceWall MFA」 【日本ヒューレット・パッカード】 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? 【EVIDIAN-BULL JAPAN】 RADIUS認証・アカウント管理アプライアンス Account@Adapter+ 【エイチ・シー・ネットワークス】
認証 認証 認証 認証 認証
Made in JAPANの省電力RADIUSアプライアンスサーバ。シリーズ全製品が異拠点間での冗長構成が可能。多様な認証方式、IPv6に対応。外部AD連携機能標準搭載モデルも用意。 サイトアクセスの3割を占める悪性bot、対策の鍵はクラウド型ふるまい検知 Webアプリやクラウドサービス、リモートからのVDI接続など、さまざまなシステム利用時のログインをアプリ改修なしで多要素認証化できるソフトウェア製品。 Webアプリにおいて認証メカニズムとアクセス制御の実装はどうあるべきか? ネットワーク認証に関わる機能を網羅した認証アプライアンス製品。Web/MAC/IEEE802.1X認証に対応、CA局、DHCPサーバ、外部LDAP/AD参照、アカウント申請機能をサポート。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031637


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > 認証 > 認証のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ