Androidの情報漏洩対策、端末利用ポリシー等の集中管理サービス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Androidの情報漏洩対策、端末利用ポリシー等の集中管理サービス


掲載日:2010/10/12


News

 株式会社AXSEEDは、Androidスマートフォンを業務に利用する法人向け、ITシステム管理者や情報管理担当者向けのスマートフォン・セキュリティ管理クラウド・サービス「SPPM for Android」の試用の受け付けを10月下旬より行ない、12月に正式にサービスを開始する。

 「SPPM for Android」では、カメラ起動を制限するなどのデバイス・コントロールや利用状況把握を行なえ、“Androidのセキュリティ問題”に対処する。管理者がSPPM管理サーバで設定したセキュリティ・ポリシーを、スマートフォン端末で常駐稼働するSPPM端末ソフトが自動的に取得し、利用者の意思とは無関係に強制適用する。Androidを熟知した利用者が端末設定を変更した場合でも、SPPMが数十秒ごとに定期内部チェックを行なうことで変更を検知し、ポリシーを強制的に再適用し、管理者に通知する。

 紛失、盗難などの緊急時には、リモートからの端末ロック、データ消去、位置情報取得を行なえる。管理用電話からの着信指示により、リアルタイムに緊急処置を行なえる。また、電話着信指示の際に端末が電波の届かない場所にあった場合でも、SPPM端末ソフトは管理サーバに定期通信を行ない、サーバからの指示を実行する。緊急指示の実施状況は、管理画面で確認できるとともに、管理者にメール通知される。「Galaxy S」の場合は、データ削除に加え、端末初期化(ワイプ)も行なえる。

 端末内部の状況はLogとして管理サーバに蓄積され利用状況を把握できる。また、SPPM端末ソフトからの警報や収集したLog情報から、ポリシー違反の疑いがある端末や未利用の端末などを検知して管理者にメール通知を行なう。

 今後は、端末管理支援により、自社開発アプリや購入アプリの「リモート配布、リモート・インストール機能」や、端末画面にポップアップ表示され利用者への通知・通達を徹底する「メッセージング機能」、「リモート・データ・バックアップ機能」など、モバイル端末の日常管理をサポートすることで管理者負担の軽減を図る。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031618


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > スマートフォン > スマートフォンのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ