変更管理ソリューション「Tripwire」がSaaS型で発売、利点は?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


変更管理ソリューション「Tripwire」がSaaS型で発売、利点は?


掲載日:2010/10/12


News

 日本ユニシス株式会社は、京セラコミュニケーションシステム株式会社(KCCS)と協業し、変更管理ソリューション「Tripwire」(米Tripwire,Inc.の製品群)を利用したSaaS型変更管理サービス「iSECURE(アイセキュア)Tripwire for SaaS」を、11月1日より発売する。

 「Tripwire」は、企業システムのデータとネットワークの整合性を常に監視し、ガンブラーなどのウイルスやサイバー攻撃による外部からの改ざんのみならず、内部からの不正な操作やオペレーションミスによる変更を検知し、早期復旧をサポートする、情報資産保護ソリューション。

 今回発売される「iSECURE Tripwire for SaaS」は、「Tripwire」を使用して、ユーザ企業の管理者にインターネット上で管理画面を提供する。管理者は、インターネット接続環境とブラウザがあれば、指定サーバの変更管理が可能になる。「Tripwire」に関する高度な製品知識やメンテナンスは不要で、本来の変更管理の運用に集中できる。月額利用のSaaS型サービスなので、初期投資を抑え、かつ短期間で利用開始できる。

 DMZ(DeMilitarized Zone)上の外部公開サーバだけでなく、イントラネット内のサーバの変更も検知でき、システムダウンや情報漏洩などのリスクの軽減を図れる。

 なお価格は、管理対象サーバ1台あたり月額1万5000円からで、別途、インターネット上の管理コンソールへの初期設定費用が必要になる。


出荷日・発売日 2010年11月1日 発売
価格 −−−

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「サーバー管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「サーバー管理」関連情報をランダムに表示しています。

「サーバー管理」関連の製品

肥大化するデータをどう対処する? ファイルサーバの課題とは 【ジャストシステム】 ファイルサーバー統合管理システムGDMS3.0 【ジャストシステム】 ファイルサーバアクセス統合管理製品『Varonis DatAdvantage』 【ノックス】 コンソールサーバー SmartCS NS-2250 【セイコーソリューションズ】 TechTargetジャパン アンケート:ファイルサーバの今後を考える 【ジャストシステム】
サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理 サーバー管理
肥大化するデータをどう対処する? 読者に聞いたファイルサーバの課題とは 肥大化したファイルサーバーを素早く「状況把握」「分析」「整理」し、肥大化対策とセキュリティ管理の自動化を実現するシステム。 ファイルサーバのアクセス権限を統合的に管理できるファイルサーバアクセス統合管理製品。アクセス制限の棚卸し、可視化、監査、ファイルサーバ運用の効率化を実現する。 SmartCSは、サーバーやネットワーク機器のコンソールポートを統合・収容し、ネットワーク障害発生時にも確実に対象機器へアクセスできるライフラインの構築を容易にする。 Windows Server 2003以前のユーザーはまだいる? ファイルサーバの今後を考える

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031614


IT・IT製品TOP > 運用管理 > サーバー管理 > サーバー管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ