顧客別に最適化された在庫の自動割り当てが可能!Oracleの新機能

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


顧客別に最適化された在庫の自動割り当てが可能!Oracleの新機能


掲載日:2010/10/08


News

 日本オラクル株式会社は、中堅企業向けERPパッケージ「JD Edwards EnterpriseOne」の新機能として、自動在庫割当を行なう「JD Edwards EnterpriseOne フルフィルメント管理」の提供を、開始した。

 「JD Edwards EnterpriseOne フルフィルメント管理」では、顧客の発注量や契約条件に応じて在庫を優先的もしくは最適に割り当てるための定義を設定でき、顧客別に最適化された在庫の自動割り当てが可能になる。受注入力の際に、顧客との契約条件を突き合わせて確認できる。顧客との契約条件に合致した受注量の一部の充填が可能なほか、ユーザ定義の充填率をもとに、未充填になっている受注残量の自動キャンセルが可能になっている。

 これにより、複雑な受注と製品の在庫割り当て業務を、顧客の優先順位に従って一貫して自動的に実行でき、業務効率化を図れる。また、優良顧客へのサービスレベルを改善でき、顧客満足度向上も図れる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 for Finance and Operations 【日立ソリューションズ】 プロセス製造業向けERPパッケージ「FlexProcess」 【NEC】 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? 【ネットスイート】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】 統合業務ソリューション(ERP)GLOVIA iZ 【富士通マーケティング】
ERP ERP ERP ERP ERP
生産、販売管理、会計など業務全体をカバーする基本的なERP機能のほか、小売業様向け機能として、POSやコールセンター等、様々な販売チャネル向け機能を有する。 生産/在庫/原価管理に強みを持つプロセス産業(化学/素材/食品等)向けERPソリューション。オープンなAPIによる個別開発、他システム(SAP/BI/携帯端末等)連携が豊富。 ERP導入事例:経験ゼロでも短期間でグローバル経営管理を実現できた理由とは? プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 富士通ならではのクラウドやデジタル技術を融合し、次世代ERPとして作られた統合業務ソリューション。「経営管理」「会計」「人事給与」「販売管理」「貿易管理」で構成。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031588


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ