アドオン開発不要でSAP ERPデータ活用を行なえるパッケージ発表

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


アドオン開発不要でSAP ERPデータ活用を行なえるパッケージ発表


掲載日:2010/10/08


News

 株式会社アプレッソは、SAPユーザ向けDataSpiderソリューションとして、アドオン開発不要でSAP ERPのデータ活用を行なえるソリューションパッケージ「SAP ERP データ活用スターターパック」を、発表した。

 「SAP ERP データ活用スターターパック」は、データ連携ソフト「DataSpider Servista」の最小構成にSAP ERPとのデータ連携を行なうアダプタと、マイクロソフト社のExcelやCSV、XMLとの連携アダプタを含めて構成されたエントリー・パッケージ。

 SAP ERPのデータアクセス方法や目的によって、SAP ERPデータ取得専用の「テーブルクエリパック」と、SAP Business Connector経由でSAPとのリアルタイムなデータの読み書きを行なう「SAP BCパック」の2種類のモデル構成が用意されている。SAP ERPと連携するための最小構成なので、クラウドやDB、BIや各種アプリケーションとの連携アダプタをオプションで選択することで、システム状況に合わせた最適な構成で導入できる。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する? 【日本オラクル】 クラウドERP「freee」 【freee】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 日本に特化した機能とサポート──中小規模メーカーでもSAP ERPが使えた理由 【SAPジャパン】 基幹業務最適化ソリューション 「AvantStage」 【キヤノンITソリューションズ】
ERP ERP ERP ERP ERP
サービス業やIT業に欠かせないプロジェクト単位の収支管理をどう徹底する? 会計/人事労務などのバックオフィス業務を一元管理できるクラウドERP。計算・手続きなどの作業を自動化し、業務フローを効率化。手間もコストも削減。 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 中小規模企業でも導入できるSAP ERP、そのメリットとは? 各企業の業務方式や運用形態に応じて、SuperStream、mcframe、FOREMAST、Asprovaといった導入実績多数の国産ERPパッケージを自由に組み合わせて利用できるソリューション。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031579


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ