タグVLAN環境に対応した不正PC検知・遮断システムの新版が発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タグVLAN環境に対応した不正PC検知・遮断システムの新版が発売


掲載日:2010/10/07


News

 株式会社ハンモックは、不正PC検知・遮断システム「護神」の新バージョン「Ver.3.0」を、10月12日より発売する。

 「護神」は、不正PCのネットワーク接続を遮断する情報漏洩対策ソリューション。個人所有PCなど、企業が管理していない不正PCによる不正アクセスからの情報漏洩対策を行なえる。既存ネットワーク環境を変更せずに、「護神センサー」を既存スイッチに差し込むことで管理・運用でき、固定IPアドレス環境、DHCP環境、無線LAN環境を問わず、短期間で導入できる。

 今回の新バージョンでは、タグVLAN環境への対応が可能になった。タグVLAN対応版の「護神センサー」では、VLANスイッチに接続することで、複数のVLANを1台で管理できるため、セグメントごとに「護神センサー」を設置する必要がない。また、「護神センサー」自体のしきい値が向上したことで、大規模環境への対応が強化されている。また、Webベースの管理ツール「護神マネージャー」の動作環境・被ブロック対象としてWindows Server 2008対応が行なわれたほか、被ブロック対象としてWindows 7対応が行なわれた。


出荷日・発売日 2010年10月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

GDPR対策に役立つ「7つのヒント」、自動化で徹底できる一段上の情報管理とは 【日本マイクロソフト+他】 攻撃者優位の状況をどう変える? 脆弱性リスク管理の新たな考え方 【ジェイズ・コミュニケーション】 セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 【タレスジャパン】 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 【トレンドマイクロ】 セキュリティインシデントが増加する医療業界、被害を食い止められるのか? 【トレンドマイクロ】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
GDPR対策に役立つ「7つのヒント」、自動化で徹底できる一段上の情報管理とは 攻撃者優位の状況をどう変える? 脆弱性リスク管理の新たな考え方 セキュリティ投資の無駄はどこにある? 暗号化とデータ保護のトレンドを解説 金融業界のセキュリティ動向調査:犯罪被害からGDPR対応まで重要課題を一挙解説 セキュリティインシデントが増加する医療業界、被害を食い止められるのか?

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031578


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ