タグVLAN環境に対応した不正PC検知・遮断システムの新版が発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


タグVLAN環境に対応した不正PC検知・遮断システムの新版が発売


掲載日:2010/10/07


News

 株式会社ハンモックは、不正PC検知・遮断システム「護神」の新バージョン「Ver.3.0」を、10月12日より発売する。

 「護神」は、不正PCのネットワーク接続を遮断する情報漏洩対策ソリューション。個人所有PCなど、企業が管理していない不正PCによる不正アクセスからの情報漏洩対策を行なえる。既存ネットワーク環境を変更せずに、「護神センサー」を既存スイッチに差し込むことで管理・運用でき、固定IPアドレス環境、DHCP環境、無線LAN環境を問わず、短期間で導入できる。

 今回の新バージョンでは、タグVLAN環境への対応が可能になった。タグVLAN対応版の「護神センサー」では、VLANスイッチに接続することで、複数のVLANを1台で管理できるため、セグメントごとに「護神センサー」を設置する必要がない。また、「護神センサー」自体のしきい値が向上したことで、大規模環境への対応が強化されている。また、Webベースの管理ツール「護神マネージャー」の動作環境・被ブロック対象としてWindows Server 2008対応が行なわれたほか、被ブロック対象としてWindows 7対応が行なわれた。


出荷日・発売日 2010年10月12日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「検疫」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「検疫」関連情報をランダムに表示しています。

「検疫」関連の製品

サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 【トレンドマイクロ】 Symantec Web Security Service 【シマンテック】 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 【ServiceNow Japan】 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 【SAS Institute Japan】 システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断 【SCSK】
検疫 検疫 検疫 検疫 検疫
サポートが終了したOSを継続利用、延命利用中に必須のセキュリティ対策 敵を知り、攻撃を防ぐ。変異・脅威を高めるマルウェアの手口と具体的防御策。 脅威を目前にしても「誰が担当?」 インシデント対応が機能しない最大の理由 今からやれば間に合う? 5ステップでできるEUの個人情報保護法「GDPR」対策 システムの弱点を総点検、Webアプリからプラットフォームまで対応の脆弱性診断

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031578


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > 検疫 > 検疫のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ