クラウド対応に向けて製造業向けのPLMソフトウェアが機能強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


クラウド対応に向けて製造業向けのPLMソフトウェアが機能強化


掲載日:2010/10/07


News

 日本電気株式会社(NEC)は、設計図面・仕様書・部品表などの製品技術情報を高度に管理するPLM(Product Lifecycle Management)ソフトウェアの新製品「Obbligato III」を、発売した。

 「Obbligato III」では、クラウドサービスに対応するため、機能が強化されている。RIA(Rich Internet Applications)やSOA(Service Oriented Architecture)の技術を適用することで、グローバル拠点での分散開発や業務システム連携が容易になったほか、NECのデータセンタに構築された共通IT基盤サービス「RIACUBE」を活用して、「Obbligato III」を顧客ごとにカスタマイズして提供する個別対応型のクラウドサービス利用にも対応する。また、2011年中には、SaaS型でのサービス提供を開始する予定。

 RIA技術に、マイクロソフト社のWPF(Windows Presentation Foundation)を採用、WPFに基づいたクライアントアプリケーションにより操作性や表現力が向上していて、海外拠点での新たなインフラ設置不要で、現地のニーズにあった設計・開発をフレキシブルに行なえる。また、SOA技術を使用して、複数の業務システム連携も容易に行なえる。

 ユーザが自社構築で導入できるほか、個別対応型のクラウドサービスにも対応し、ユーザは、ハードウェア・OS・ミドルウェア・「Obbligato III」を自前で導入/構築、運用せずに、高セキュリティ環境で技術情報管理を行なえる。また、提供予定のSaaS型では、導入ユーザがパラメーター設定することで、主要な機能を迅速に利用できるようになる。

 製品に含有される化学物質の規制“REACH規則”、“RoHS指令”、生産拠点で排出する化学物質の規制“PRTR法”などの複数の環境法規制を考慮した環境配慮設計機能がトータルに提供される。


出荷日・発売日 2010年10月5日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「日本電気」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PLM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PLM」関連情報をランダムに表示しています。

「PLM」関連の製品

PLM/PDMソリューション「OpenPDM 核」 【コア】 PLMソリューション「Obbligato III」 【NEC】
PLM PLM
BOMの管理、設計成果物の管理、承認情報の管理など、PLM/PDMとして必要な機能を実装し、小規模での導入も可能なPLM/PDMソリューション。 さまざまな技術情報を統合管理し、グローバル開発における製品情報共有基盤を構築。
電機・機械を始め幅広い業種の企業で採用されている国内トップシェアのPLM製品。

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031574


IT・IT製品TOP > 情報システム > PLM > PLMのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ