レンダリングソフトの新バージョン、強化された点とは?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


レンダリングソフトの新バージョン、強化された点とは?


掲載日:2010/10/07


News

 株式会社へリックスspは、レンダリングソフトウェアの新バージョン「KeyShot 2.1」を、発売した。価格は、12万円からとなっている。

 「KeyShot」は、米国Luxion社が開発したインタラクティブレイトレーシングとグローバルイルミネーションテクノロジーを用いたレンダリングソフトウェア。3Dモデルを読み込んで即座に写真品質のイメージを作成できる。分かりやすい直感的なインターフェースを備えていて、デジカメで写真を撮影するように操作でき、難解なパラメータ設定は不要。CPUベースで動作するため、高価な3Dグラフィックボードも不要になっている。WindowsとMacの両方に対応している。

 今回の新バージョンでは、インターフェースが日本語化されたほか、サブサーフェススキャッタリングマテリアルを使用して透明体をよりリアルに表現できるようになった。Alias、SolidEdgeなど新たなフォーマットへの対応なども行なわれた。

 これらにより、製品開発初期でのコンセプチャルデザインや、意志決定でのデザインレビュー用途、下流でのマーケティングコンテンツ作成など、様々な用途で活用できる。


出荷日・発売日 2010年10月1日 発売
価格 12万円〜

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PCソフト」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031567


IT・IT製品TOP > PCソフト > その他PCソフト関連 > その他PCソフト関連のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ