ワークフローと工事原価管理システムの連携が決裁効率化に効く?

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークフローと工事原価管理システムの連携が決裁効率化に効く?


掲載日:2010/10/05


News

 パナソニック電工ネットソリューションズ株式会社は、Webワークフローシステム 「MajorFlow」と工事原価管理システム「どっと原価」(株式会社建設ドットウェブ)の連携を行なえる新製品「MajorFlow どっと原価連携モジュール」を、発売した。

 「MajorFlow」は、旅費・経費精算、勤怠管理、人事総務などの申請決裁を行なえるワークフローシステム。また、「どっと原価」は、建設業・製造業・メンテナンスサービス業・建設コンサルタント業などの様々なユーザニーズに対応できる原価管理システム。

 今回発売された「MajorFlow どっと原価連携モジュール」では、「どっと原価」で実行予算や発注依頼を行なう際の承認を「MajorFlow」で行なえるようになり、コンプライアンスの強化と決裁の業務効率向上を図れる。

 実行予算申請や発注依頼申請、注文書発行申請を行なう際、「どっと原価」に必要な情報を入力することで自動的に「MajorFlow」の申請書が起票される。また、受注金額や粗利率など、あらかじめ設定された決裁ルールと申請内容に応じて適切な承認者を自動選択、ワークフローで承認を得るまで発注などの次処理を不可にすることもできるため、内部統制の強化を図れる。

 「MajorFlow」のワークフロー機能を使用することで、メール通知や決裁状況のモニタリング、自動督促機能を利用した決裁業務のスピードアップ、自分が承認すべき申請書の一覧表示を行なうことでの承認業務の効率化を図れるほか、複数条件に対応した文書検索機能や、検索結果の一覧表示画面(ビュー)を自由にレイアウトする機能を利用することで、迅速に文書検索を行なえ、決裁業務の効率化を図れる。また、原価管理で利用する申請書以外にも、新規取引申請、経費精算、勤怠管理など、その他の決裁業務全般に業務拡張を行なえる。


出荷日・発売日 2010年10月1日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「パナソニック電工ネットソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

サイボウズ ガルーン 4(ワークフロー) 【サイボウズ】 ExchangeUSEワークフロー 【富士電機】 【ノンプログラミングWebデータベースソフト】UnitBase 【ジャストシステム】 経費精算&ワークフロー MAJOR FLOW Z CLOUD 【パナソニック ネットソリューションズ】 電子印鑑サービス 「パソコン決裁Cloud」 【シヤチハタ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
低コストかつ柔軟に構築できる、汎用性の高いワークフローシステム。グループウェアとの連携により、スピーディーかつ漏れのない申請・承認プロセスを実現する。 1700社以上の導入実績を誇るワークフロー専用パッケージ。複数会社運用、マルチベンダーERP連携に対応。業務特化型〜汎用型ワークフローまで、全社申請業務を運用可能。 専門知識不要、簡単なマウス操作や表計算ファイル取込でWebデータベース作成、活用できるソフトウェア。検索・集計・グラフ化も容易。データへのアクセス権限設定も柔軟。 経費精算とワークフロー2つのラインアップで申請/承認の決裁だけではなく、経費精算の業務改善や内部統制を支援するビジネスリフォーム機能満載のクラウドサービス。 企業での決裁業務において、従来のワークフローに乗らない主にハンコが必要な承認文書を電子化。デバイスを問わずいつでもどこでも承認文書を決裁できる電子決裁サービス

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031538


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ