リアルタイムかつグローバルに保護するセキュリティサービス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


リアルタイムかつグローバルに保護するセキュリティサービス


掲載日:2010/10/04


News

 NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は、セキュリティ専門組織であるセキュリティオペレーションセンタ(SOC)が、ユーザのシステムのセキュリティをリアルタイムかつグローバルに保護する、マネージドセキュリティサービス「Bizセキュリティ グローバルマネジメント」の提供を、開始した。

 「Bizセキュリティ グローバルマネジメント」では、ユーザのシステムにセキュリティ機器を導入し、セキュリティ脅威からのシステム保護やインシデント発生時のサポートを行なう。また、ユーザのシステムのインシデント発生状況を集計し、その結果に基づきユーザごとのカスタマポータルでレポートを提供する。

 サービスメニューとして、「マネージドIPS/IDS」(IPS:侵入防止システム、IDS:侵入検知システム)、「マネージドFirewall」、「マネージドUTM」、「データセンターオプション」が用意されている。「マネージドIPS/IDS」では、ユーザのネットワーク内の不正な動作を検知し、危険度の高い不正アクセスやワームによる通信を遮断する。「マネージドFirewall」では、ユーザのネットワークと外部ネットワークの境界で、セキュリティポリシーに応じた通信のアクセス制御を行なう(2010年度第3四半期提供予定)。

 「マネージドUTM」では、Firewall機能・アンチウイルス機能・不正侵入対策機能などを統合的に管理する(2011年度第1四半期提供予定)。「データセンターオプション」では、同社の国内外データセンタサービスのユーザへ、マネージドセキュリティサービスをワンストップで提供する。これらにより、国内外のシステム管理におけるトータルコストの削減、稼働負担の軽減などを図れる。

 ユーザのシステムのセキュリティをグローバルに均一なレベルで一元統制できる。SOCでは日本語・英語に加え、ドイツ語・フランス語・中国語・スウェーデン語にも対応する。また、10ヵ国・22拠点に配置されたセキュリティ専門エンジニアが、現地の状況に応じて的確・迅速に対応する。


出荷日・発売日 −−−
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「セキュリティ診断」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「セキュリティ診断」関連情報をランダムに表示しています。

「セキュリティ診断」関連の製品

セキュリティ診断サービス 【日立ソリューションズ】 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 【トレンドマイクロ】 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 【トレンドマイクロ】 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 【トレンドマイクロ】 標的型サイバー攻撃対策を検討しているCIOやIT部門のセキュリティ担当者 【トレンドマイクロ】
セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断 セキュリティ診断
最新セキュリティ技術を駆使したセキュリティ診断と分かりやすい報告書により、増大するセキュリティ侵害と情報漏えい事件に対する効果的な対策方法を提供するサービス。 ネットワーク/セキュリティ担当者のためのログ分析の基本 インシデント対応ガイド:ある日発覚した「不審な通信」、その時どうする? 発見困難な「標的型攻撃」の防ぎ方:えっ、メールやWeb対策だけで防げないの? 新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031509


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > セキュリティ診断 > セキュリティ診断のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ