Windows Storage Server 2008搭載NASのオンサイト保守サービス

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


Windows Storage Server 2008搭載NASのオンサイト保守サービス


掲載日:2010/10/01


News

 株式会社アイ・オー・データ機器は、NECフィールディング株式会社との協業によるオンサイト保守サービス「LAN DISK Tera SupportPack」で、Windows Storage Server 2008を搭載したNAS「LAN DISK Z」シリーズに対応した。

 「LAN DISK Tera SupportPack」では、法人ユーザ向けに、NECフィールディングがトラブル発生時のオンサイト(訪問)サービスを提供する。修理申し込み翌営業日(月〜金)には、専門技術者がユーザを訪問し製品を修理するため、返品が不要で継続して使用できる。また、サービスは定額制(修理・部品代込み)で、契約期間中は何度でも利用できる。

 契約期間別に「3年Pack」/「4年Pack」/「5年Pack」が用意されており、価格はそれぞれ7万1400円/14万700円/18万2700円(いずれも税込)となっている。なお同サービスは、NECフィールディングが全国のSIerや流通販社を通じて受注する。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「NAS」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「NAS」関連情報をランダムに表示しています。

「NAS」関連の製品

「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ 【日本アイ・ビー・エム】 ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 【日本アイ・ビー・エム】 プライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 【日本アイ・ビー・エム】 IoT活用を見据えた、SSDを超えるオールフラッシュ基盤の選び方 【日本アイ・ビー・エム】 オールフラッシュ導入事例:多数のVMを高速稼働できる理由 【日本アイ・ビー・エム】
NAS NAS NAS NAS NAS
データを真に利活用する「データレイク」設計のカギとなる3種類のストレージ ニーズにあったデータレイクを柔軟に構築するストレージの組み合わせと選択肢 セカンダリーなのにプライマリーよりも高性能? オールフラッシュの特性 IoT活用を見据えた、“SSDを超える”オールフラッシュ基盤の選び方 オールフラッシュ導入事例:スマートバリューが多数のVMを高速稼働できる理由

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031501


IT・IT製品TOP > ストレージ > NAS > NASのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ