業務効率を落とさずに情報漏洩の防止を図れるDLP製品が発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


業務効率を落とさずに情報漏洩の防止を図れるDLP製品が発売


掲載日:2010/09/30


News

 株式会社ネットマークスは、金融機関の企業など向けに、機密データを棚卸し・可視化し、セキュリティポリシーに反する機密データの流出を検知・制御することで情報漏洩の防止を図る「RSA DLP(Data Loss Prevention)Suite」を、発売した。価格は、642万円から(100ユーザ構成の場合)となっている。

 「RSA DLP Suite」は、企業内のデータを機密データとそれ以外のデータに区別することで、機密データの流出防止を図るDLP製品。150種類以上のポリシーテンプレートが含まれていて、保管されているデータや、移動中のデータ、利用中のデータから高い精度で機密データを検知し、あらかじめポリシーで定めた制御を行なうことで、情報漏洩リスクを低減しながら、業務効率への影響の低減を図れる。

 主にファイルサーバやストレージ内の機密データを検出し、ポリシーに則って削除、移動、隔離を行なう「RSA DLP Datacenter」、ネットワークを流れる機密データを検出対象にする「RSA DLP Network」、エンドユーザのPCに存在するデータを検出対象にする「RSA DLP Endpoint」の3つのモジュールと、統合管理を行なうための「RSA DLP Enterprise Manager」で構成されている。また、単一ポリシーに基づいてモジュールごとに異なるアクションを指定することも可能で、情報漏洩対策を包括的に行なえる。

 また同社は、ネットワークセキュリティでの実績と、認証基盤ソリューションの構築ノウハウを活用し、例えば「RSA DLP Suite」と統合ログ管理「RSA enVision」を組み合わせ、機密データとユーザの行動から危険な兆候の判断を迅速に行なえるソリューションや、EMCジャパン社「EMC Documentum IRM」と連携し、機密データに暗号化とアクセス権を設定することでファイル共有を安全に行なえ、より強固なセキュリティを構築できるソリューションも提供する。今後は、EMC社のDRM製品「EMC Documentum eRoom」や日本ユニシスのクラウドコンピューティングなどと連携することで、高付加価値のソリューションとして提供することも考慮している。


出荷日・発売日 2010年9月29日 発売
価格 642万円〜(100ユーザ構成の場合)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「DLP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「DLP」関連情報をランダムに表示しています。

「DLP」関連の製品

ALSI 情報漏洩対策シリーズ InterSafe ILP 【アルプス システム インテグレーション】 機密情報漏洩対策ソリューション SECUDRIVE(セキュドライブ) 【ブレインズスクエア】 Obbligato 持ち出し制御ソリューション 【NEC】 InterSafe DeviceControl 【アルプス システム インテグレーション】
DLP DLP DLP DLP
「ファイル暗号化」、「デバイス制御」、「ワークフロー機能」「セキュリティUSBメモリ作成」までトータルな情報漏洩対策を提供。 「企業の機密情報は絶対流出させない」をコンセプトに開発されたファイルサーバーセキュリティプログラム、デバイス制御などからなる情報漏洩防止ソリューション。 共有サーバ上の機密データのみ持ち出し(印刷、コピー、メール添付など)を禁止し、機密でない通常データは、いつも通り持ち出し可能で利便性を確保。サービス利用も可能。 データの書き出しやネットワーク、プリンターの利用を制御し、データの不正持ち出しを徹底防止する情報漏洩対策ソフト。シリーズ製品との連携で証跡管理が可能。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031488


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > DLP > DLPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ