業務基盤ソフトウェアシリーズに「スケジュール・設備予約」追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


業務基盤ソフトウェアシリーズに「スケジュール・設備予約」追加


掲載日:2010/09/30


News

 住友電工情報システム株式会社は、オフィスワークの効率化を図るための業務基盤ソフトウェアシリーズ「楽々BizSuite」のアプリケーション群に、「スケジュール・設備予約」を追加した。

 「楽々BizSuite」では、社員のスケジュールや会議室や備品などの設備予約を、全社で一元的に管理できる。今回追加された「スケジュール・設備予約」は、“スケジュール管理”などの機能を備えている。

 “スケジュール管理”では、個人のスケジュールを管理できる上、スケジュールを社内に公開し共有できる。グループスケジュール表示画面で関係者のスケジュールを把握できる。また、きめ細かな権限管理により、スケジュールを公開する組織を限定できるほか、スケジュールの空き状況は公開するものの中身は非公開にするなど、様々なビジネスシーンに対応する。共通の空き時間の検索機能を利用することで、開催可能な日程候補を即座にリストアップでき、各人のスケジュールが登録されると同時に会議室予約、会議開催案内通知も行なえるため、会議開催の調整を効率化できる。日程の変更、参加者の変更も一括で行なえる。

 “設備の予約管理”では、会議室や備品などの設備予約状況の確認や予約を画面からの簡単な操作で行なえる。一度に複数の会議室や備品を予約する一括予約、毎週同じ曜日の同じ時間を予約するといったパターン予約も行なえる。また、会議室に付加された収容人数や付帯設備などの条件で絞り込んだり、権限を設定して部署・地域などから予約できる会議室を限定することもできる。

 “通知機能”では、自分のスケジュールに他人から予定が登録されたり、会議開催案内が通知された場合、必要な情報が画面上で通知されるとともに、メールに転送される。通知先に携帯電話のメールアドレスを指定しておくことで、メールアドレスを公開せずに、登録内容を携帯電話で確認できる。

 画面表示のレイアウトを使いやすく変更できる。また、基幹システムやその他の社内システム、社外サイトなど業務で必要なシステムのリンク集を設定し、画面に表示させたり、タブ機能(メニュー機能)を利用することで、業務上必要なシステムをメニュー項目で表示させ、メニュー画面を使いやすいデザインに変更することもできる。画面上の“付箋”に覚え書きメモを貼り付けるメモ機能や、全社員への連絡を随時掲載できる掲示板機能なども備えている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EIP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EIP」関連情報をランダムに表示しています。

「EIP」関連の製品

Office 365 / Google Apps 各種アドオン導入支援サービス 【サテライトオフィス+他】 Discoveries InSite 【ディスカバリーズ】 Liferay Portal 【イージフ】
EIP EIP EIP
メールやスケジューラなど、企業の情報系インフラを「所有」から「利用」へチェンジすることで運用・管理の負荷とコストを削減するSaaS型の統合オフィスツール Microsoft Office 365 に含まれる SharePoint Online のアドオン製品。 ガートナー社による評価でリーダーと認定された企業ポータル。オープンソースでありながら多くの大規模導入実績あり。日本語標準対応、日本語サポート体制も整っている。

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031483


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > EIP > EIPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ