IC運転免許証を活用した本人確認サービスがクラウドで提供開始

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


IC運転免許証を活用した本人確認サービスがクラウドで提供開始


掲載日:2010/09/29


News

 株式会社NTTデータは、IC運転免許証を活用した本人確認サービス「BizPICO」の提供を、開始した。

 「BizPICO」では、IC運転免許証のICチップ内の情報を利用して、免許証の改ざん確認や証跡情報の保管など、本人確認業務に必要な機能をクラウドサービスで提供する。同社が、データセンタでIC情報読み出しの制御を行なうアプリケーションサーバや証跡情報を保管するDBを準備し、クラウドサービスで提供されるため、複雑なシステム構築不要で、短期間、低コストで導入できる。また、ユーザの要件にあわせてセンタ側の設備や利用サービスの機能拡張も柔軟に対応され、適切な利用環境が提供される。インターネットに接続できる環境のPCと非接触タイプのICカードリーダを準備すれば、サービスを利用できる。

 IC運転免許証の電子データを本人確認に利用可能にするため、IC運転免許証に内蔵されているICチップからの情報読み出し機能、IC運転免許証の電子データ改ざん確認機能、証跡情報保管機能、公開鍵管理機能の4つの機能が提供される。“IC情報読み出し”では、免許保有者が免許証発行時に設定した暗証番号を入力することで、IC運転免許証のICチップ内に書き込まれた氏名、生年月日、免許証番号、顔写真などの電子データを読み出せる。読み出された電子データは、券面の字形などに合わせた表示を行なえる。

 “改ざん確認”では、都道府県公安委員会の公開鍵を利用して、IC運転免許証発行時に生成された値と、改ざん確認時に生成した値とを比較することで、読み出した電子データの改ざんの有無を確認する。“証跡情報保管”では、読み出した電子データと改ざん確認結果を、証跡情報として電子データでの保管に切り替えられるため、コンプライアンス強化を図れるほか、IC情報を活用することで申し込み書などへの入力作業を効率的に行なえる。検索条件を入力して、保管した証跡情報の照会も行なえる。

 “公開鍵保管”では、IC運転免許証の電子データの改ざん確認に必要な都道府県公安委員会公開鍵を警察機関より一括で取得、随時更新・保管を実施するため、ユーザが取得する手間を省ける。

 これらにより、行政機関での手続き、銀行口座の開設、携帯電話の契約など、確実な本人確認が求められる業務を支援する。

 なお利用料は、改ざん確認機能を1件につき5円、証跡情報保管機能を1件につき100円となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「PKI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「PKI」関連情報をランダムに表示しています。

「PKI」関連の製品

電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 【アドビ システムズ】 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 【アドビ システムズ】 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 【アドビ システムズ】 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由 【アドビ システムズ】
PKI PKI PKI PKI
電子サインによる新たな顧客体験の創造と、パーソルグループの実践記 4週間の承認プロセスが4日まで短縮――電子サインで文書管理の効率化を極める 国際標準の電子取引に必須の機能とは? 法整備が進む電子署名の動向を知る 「電子サイン」と業務アプリケーション連携が「顧客開拓」に威力を発揮する理由

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031460


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > PKI > PKIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ