インターコム、業務効率向上等図れるFAXサーバソフトの新版発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


インターコム、業務効率向上等図れるFAXサーバソフトの新版発売


掲載日:2010/09/24


News

 株式会社インターコムは、FAXサーバソフト「まいと〜く FAX Server」シリーズに、新たにFAX誤送信防止機能(オプション)や受注FAXの重複処理防止機能を提供する「まいと〜く FAX Server 7」を、10月6日より発売する。

 「まいと〜く FAX Server 7」は、専用FAX機や複合機を使用して“紙”でやり取りしているFAX送受信をペーパーレス化して、業務効率向上とコスト削減を図れるWindows PC用FAXサーバソフト。受信FAXのペーパーレス処理をより効率化するための機能を新搭載するなど多くの機能強化が行なわれている。更に、金融機関や官公庁でニーズの高いFAX誤送信防止機能がオプションとして提供される。

 FAXの送受信は、専用クライアントを導入した各PCからペーパーレスで直接行なえる。FAXの送受信履歴は一元管理され、誰がいつどこへFAXを送信したか、いつ誰からFAXを受信したかなどを一覧で確認できるため、送信忘れや受信処理忘れなどの人的ミスの削減を図れる。更に、FAX誤送信防止機能を導入することで、重要書類のFAX送信前に複数名で行なっていた確認作業もペーパーレスのままで簡単にシステム化できる。また、各種業務システムとの連携機能を備えていて、業務システムにFAX送受信機能を組み込んで運用することもできる。

 受信FAXを発信者番号、通信回線(ポート)、FAXID、Fコードなどで自動振り分けして、顧客や担当部署などで任意に設定したグループフォルダ(複数設定可能)で整理・共有できる。また、任意に設定した“処理状況”“担当者”などの情報を、送受信FAX履歴に選択式で簡単に付加でき、進捗状況や担当者情報などを記載することで、処理漏れや重複処理の防止を図れる。担当者が処理中の受信FAXにロックをかけ、別の担当者が開こうとした場合にはアラートを表示することで、グループで受注作業を行なう際の重複処理の防止を図れる。

 誤送信防止オプションを利用することで、送信FAXの二重チェック(管理者の承認後にFAX送信)を行なったり、登録された宛先のみにFAX送信を限定できる。


出荷日・発売日 2010年10月6日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「FAXサービス」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「FAXサービス」関連情報をランダムに表示しています。

「FAXサービス」関連の製品

システム連携自動FAX対応 FAXサーバソフト「まいと〜く Center」 【インターコム】 クラウドFAXサービス 【エクスパダイト】
FAXサービス FAXサービス
累計導入社数1万2000社のロングセラーFAXサーバシリーズの最上位版。最大72回線までの拡張が可能で、充実したシステム連携機能を装備。簡単操作のWebクライアントも搭載。 PCで各種帳票・書類のFAX送信・受信が行えるクラウドFAXサービス
●帳票FAXサービス…基幹系・情報系システムの帳票類
●Fax2Mail…日々の業務で使用する様々な書類

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031416


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > FAXサービス > FAXサービスのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ