日本ソフト販売、マスタデータの間違いをチェックする製品を発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


日本ソフト販売、マスタデータの間違いをチェックする製品を発売


掲載日:2010/09/24


News

 日本ソフト販売株式会社は、顧客マスタ、住所録、名簿など、マスタデータの間違いをチェックする「マスターチェック2011」を、10月1日より発売する。価格は、2730円(税込)となっている。

 「マスターチェック2011」では、全国の電話帳(4月までに発刊)に掲載されているデータ約2800万件、7月までの市区町村統廃合に対応している上、 郵便番号辞書約12万件(7月更新分まで)を収録している。顧客管理・住所録・年賀状ソフトといったマスタデータからCSVまたはタブ区切りのテキスト形式データを出力、データを同製品に取り込むことで、自動でチェックされる。

 取り込んだデータは電話帳DBなどと比較、相違がないかが自動で確認され、該当件数と間違いのある個所が表示される。データの規模に関わらず高速にチェックでき(チェックするデータの内容により、処理時間は異なる)、変更個所のあるデータを修正することで、顧客情報を手間なく、低コストでメンテナンスできる。

 宛先不明で戻ってきた郵便物の調査にも利用でき、戻った郵便物をチェックすることで、登録情報に不備の可能性がある個所を簡単に発見でき、調査・修正作業の手間を削減できる。例えば、名前と電話番号が同一で、郵便番号・住所が違っている場合は、引越し(事業所移転)の可能性を推測できるほか、電話番号が同一で名前・住所が違っている場合は、電話番号が解約されて、別の契約者に変更されている可能性を推測できる。


出荷日・発売日 2010年10月1日 発売
価格 2730円(税込)

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「EAI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「EAI」関連情報をランダムに表示しています。

「EAI」関連の製品

データ連携ミドルウェア 「ASTERIA WARP」 【インフォテリア】 クラウドEAIサービス 「PolarisGate」 【日商エレクトロニクス】 Magic xpi Integration Platform 【マジックソフトウェア・ジャパン】
EAI EAI EAI
企業内のさまざまなデータをノン・プログラミングで高速・簡単に連携するミドルウェア
・11年連続国内シェアNo.1、導入実績は6000社以上
・高速開発・業務自動化を実現
クラウドサービス間のデータを連携し、業務効率向上やビジネスへの対応を支援するクラウド型EAIサービス。世界トップクラスの導入実績を誇る「Magic xpi」のクラウド版。 ドラッグ&ドロップでデータ連携を実現するビジュアルな開発環境と実行プラットフォーム。66種/500機能もの多彩なアダプターを装備。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031415


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > EAI > EAIのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ