EPSON、引取サービスと持込修理を組み合わせた保守サービス発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


EPSON、引取サービスと持込修理を組み合わせた保守サービス発売


掲載日:2010/09/21


News

 エプソン販売株式会社(EPSON)は、主にビジネス向け製品を対象に、新しい保守サービス「エプソン引取保守パック」を、9月22日より発売する。

 「エプソン引取保守パック」は、製品故障時の引取サービスと持込修理を組み合わせたメニュー。保守期間中は無償でユーザが指定した場所に指定業者が修理品を引き取りに行き、修理完了後にユーザに届けられる。

 対象製品購入と同時に1年、3年、4年、5年から選択できる(オフィリオプロジェクタの「エプソン引取保守パック」には「購入同時1年」は用意されていない)。また、「エプソン引取保守パック」、サービスエンジニアが直接訪問する保守サービス「エプソンサービスパック」、「スポット出張修理」から、ユーザに適した保守サービスを選択できる。


出荷日・発売日 2010年9月22日 発売
価格 お問い合せ下さい

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「運用系業務アウトソーシング」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「運用系業務アウトソーシング」関連情報をランダムに表示しています。

「運用系業務アウトソーシング」関連の製品

ITマネージドサービスで成功するプロバイダー選びの「10の条件」 【日本アイ・ビー・エム】 クラウドやオープン系の運用監視、手薄な現状と根本的な解決策 【日本アイ・ビー・エム】 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? 【日本アイ・ビー・エム】 SAP運用サポート「ASCサービス」 【日鉄日立システムエンジニアリング】 クラウド導入運用サービス For Microsoft Azure 【CTCシステムマネジメント】
運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング 運用系業務アウトソーシング
IT部門がマネージド・サービスを採用すべき理由と具体的な選び方 手薄になっているクラウド上のシステム監視、楽して運用できる方法とは 御社製品の保守サポート、IBMに任せてみませんか? SAPの運用保守アウトソーシングサービス。必要工数が1人月未満といった小さなニーズから、システム全般の安定稼働を徹底させるフルサポートまで幅広いメニューを用意。 マイクロソフト社のパブリッククラウド「Microsoft Azure」を活用し、クラウド基盤のシステム構築から、運用・監視まで、移行を含めてワンストップで提供するサービス。

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031378


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 運用系業務アウトソーシング > 運用系業務アウトソーシングのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ