サクサ、侵入者等検知での誤報を低減できる接点出力型センサ発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


サクサ、侵入者等検知での誤報を低減できる接点出力型センサ発売


掲載日:2010/09/21


News

 サクサ株式会社は、同社が開発した画像認識アルゴリズムを用いた、接点出力型のセンサ「IS100画像センサ」を、9月より発売する。価格は、1台120万円(工事費別)となっている。

 「IS100画像センサ」は、アナログカメラやネットワークカメラから取り込んだ画像を解析して、侵入者/不審者等を検知し、警備用送信機などへ接点信号でアラームを出力する機器。あらかじめ監視したいエリアや対象物の高さなどを設定し、画像から対象物を識別することで侵入者/不審者等を検知する。これにより、誤報が低減され、警備員の駆け付け費用や通信費用の低減を図れる。また、監視したいエリアを自由に設定できるため、従来設定することが困難だった複雑な形状のエリア設定が可能になり、用途を広げることができる。画像センサ本体にディスプレイ/キーボード/マウスを接続することで、画像を確認しながら、監視エリアや検知対象を容易に設定できる。

 検知画像として、最大8000枚(データ量によって変動)の静止画を保存できる。画像センサ本体にはファンやHDDといった駆動部品を使用していないため、ファンやHDDの交換が不要で、メンテナンス性に優れている。また、ネットワーク環境を利用することで、リモート接続で遠隔地から画像センサの設定変更やログの収集を行なえる。


出荷日・発売日 −−−
価格 1台120万円(工事費別)

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ネットワークカメラ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ネットワークカメラ」関連情報をランダムに表示しています。

「物理セキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031366


IT・IT製品TOP > 物理セキュリティ > ネットワークカメラ > ネットワークカメラのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ