NTTソフトウェア、OpenID方式対応の連携ソリューションを発売

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


NTTソフトウェア、OpenID方式対応の連携ソリューションを発売


掲載日:2010/09/16


News

 NTTソフトウェア株式会社は、Webサイト利用者の属性情報(所属企業情報、住所情報、メールアドレスなど)を安全に交換できる仕組み(属性交換)で、Web標準技術のOpenID方式に対応したアイデンティティ連携ソリューション「TrustBind/Federation Manager Version1.4」を、発売した。

 今回発売された「TrustBind/Federation Manager Version1.4」では、OpenIDによるシングルサインオン機能に加え、よりシンプルなインターフェースで連携できる“OpenID+拡張仕様”による属性交換方式が提供される。前バージョンで対応済の“SAML2.0+ID-WSF2.0”による属性交換機能に加え、“OpenID+拡張仕様”による属性交換にも対応することで、サービスの要件に合わせた方式を選択できる。同社は、企画から保守運用まで一貫したサポートを提供する。

 Webサイト利用者は、連携されたサービス間で、プロフィール情報(住所情報、口座情報など)やポイント情報などの属性情報の個別登録が不要になり、サービス利用時の入力の手間を省略できることで、目的のサービスをスムーズに利用できる。なお、Webサイト間での属性情報連携の可否は利用者自身の意思で決定できる。

 ユーザ企業は、他サービスからの利用者流入によるサイト利用者の増加や、他サービスとの連携による新たなサービスの実現などを図れる。また、コストや接続期間を圧縮でき、安全なサービス提供を行なえる。

 なお、初期導入に関する参考価格は、OpenID認証サイト(OP)側の導入初期コストが200万円から、OpenIDサービスサイト(RP)側の導入初期コストが100万円からで、導入にかかる期間は最短で1ヵ月程度となっている。


出荷日・発売日 2010年9月15日 発売
価格 −−−

関連キーワード

「NTTソフトウェア」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

ユーザーID棚卸ソリューション 「アカンサス」 【NTTテクノクロス】 クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント 【サイバネットシステム】 クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 【Commvault Systems Japan】 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 【サイバネットシステム株式会社】 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想” 【NTTテクノクロス】
ID管理 ID管理 ID管理 ID管理 ID管理
これまで手作業で行ってきた業務システムのID棚卸作業を自動化するソリューションである。 クラウドアプリのシャドーIT化を防ぐ、「CASB」活用の5つのポイント クラウドデータ管理の5つの鉄則――損失の大きい失敗を回避するための基本戦略 クラウドサービスを積極的に活用するための「CASB」入門 ID棚卸を1カ月から1週間に カブドットコム証券に学ぶID管理“逆転の発想”

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031341


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ