ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供


掲載日:2010/09/16


News

 株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)は、パブリッククラウド環境「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」を利用した「COMPANY Workshop On Cloud」サービスの提供を、開始した。

 「COMPANY」は、業界・業種を問わず大手法人に必要になる業務機能を標準機能で備えたERPパッケージ。また、「COMPANY Workshop」は、「COMPANY」導入時や新規機能利用時に、同社内の専用PJTルームとネットワーク、同社のコンサルタントによるサポートなどを利用できるサービスで、導入現場で効率的な作業を行なえる。

 今回提供される「COMPANY Workshop On Cloud」では、ユーザにとってパブリッククラウドが適切な環境がどうかをユーザ自らが検証でき、導入中にパブリッククラウドの有用性を判断できる。また、管理コンソール「COMPANY Cloud Console(C3)」も標準機能で提供される。

 今後は、「COMPANY」シリーズ全体でのパブリッククラウド対応を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

ビジネスモデルの変化にも対応、クラウドERPで実現するグローバル経営管理基盤 【日本オラクル】 中堅企業にありがちな“兼務”でも疲弊しない効率化の方法 【ブライト・ビジネス・パートナーズ】 グローバル経営を加速するクラウドERP、経験ゼロでも短期導入を実現できたワケ 【日本オラクル】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】 社内システムのクラウド移行の鍵、業務アプリケーションサービスはどこで選ぶ? 【青い森クラウドベース】
ERP ERP ERP ERP ERP
クラウド型ERP導入事例:短期間でグローバル展開ができたワケ ERP導入は過去に諦めた経緯がある――そんな企業を狙い撃ちする提案がある。中堅企業にありがちな兼務ありの業務フローを支援し、成長に寄与する方法も併せ持つという。 グローバル経営を加速するクラウドERP、経験ゼロでも短期導入を実現できたワケ 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。さまざまな業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。 社内システムのクラウド移行の鍵、業務アプリケーションサービスはどこで選ぶ?

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031337


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ