ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供


掲載日:2010/09/16


News

 株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)は、パブリッククラウド環境「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」を利用した「COMPANY Workshop On Cloud」サービスの提供を、開始した。

 「COMPANY」は、業界・業種を問わず大手法人に必要になる業務機能を標準機能で備えたERPパッケージ。また、「COMPANY Workshop」は、「COMPANY」導入時や新規機能利用時に、同社内の専用PJTルームとネットワーク、同社のコンサルタントによるサポートなどを利用できるサービスで、導入現場で効率的な作業を行なえる。

 今回提供される「COMPANY Workshop On Cloud」では、ユーザにとってパブリッククラウドが適切な環境がどうかをユーザ自らが検証でき、導入中にパブリッククラウドの有用性を判断できる。また、管理コンソール「COMPANY Cloud Console(C3)」も標準機能で提供される。

 今後は、「COMPANY」シリーズ全体でのパブリッククラウド対応を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

GRANDIT 【GRANDIT】 ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は? 【SAPジャパン】 グローバル対応ERP Exact Globe Next 【JBAプロセス・イノベーション・コンサルティング】 日本発グローバルERP「A.S.I.A.(エイジア)」 【東洋ビジネスエンジニアリング】 統合業務ソフトウェア OBIC7 【オービック】
ERP ERP ERP ERP ERP
経理、債権、債務、販売、調達・在庫、製造、人事、給与、資産管理、経費モジュールで構成された完全WEBの次世代ERP。ワークフロー、通知機能、BIを装備し内部統制を支援。 ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は? 会計/販売/購買/在庫/プロジェクト管理を標準装備し、各業務で必要な機能を網羅しているため、カスタマイズを最小限に抑え、低コスト・短期間での導入が可能なERP。 多言語・多通貨対応で、22の国と地域・430社への導入実績を持つ純国産ERP。低コスト、短納期でのノンカスタマイズ導入・クラウドサービスも提供可能。 会計・人事・販売・生産の各業務システムは個別導入が可能。様々な業種に対応するテンプレートをもつ統合業務ソフトウェア。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031337


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ