ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


ワークス、パブリッククラウドの有用性を判断できるサービス提供


掲載日:2010/09/16


News

 株式会社ワークスアプリケーションズ(ワークス)は、パブリッククラウド環境「Amazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)」を利用した「COMPANY Workshop On Cloud」サービスの提供を、開始した。

 「COMPANY」は、業界・業種を問わず大手法人に必要になる業務機能を標準機能で備えたERPパッケージ。また、「COMPANY Workshop」は、「COMPANY」導入時や新規機能利用時に、同社内の専用PJTルームとネットワーク、同社のコンサルタントによるサポートなどを利用できるサービスで、導入現場で効率的な作業を行なえる。

 今回提供される「COMPANY Workshop On Cloud」では、ユーザにとってパブリッククラウドが適切な環境がどうかをユーザ自らが検証でき、導入中にパブリッククラウドの有用性を判断できる。また、管理コンソール「COMPANY Cloud Console(C3)」も標準機能で提供される。

 今後は、「COMPANY」シリーズ全体でのパブリッククラウド対応を行なう。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ERP」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ERP」関連情報をランダムに表示しています。

「ERP」関連の製品

オープンソース クラウドERP Odoo(オドゥー) 【Pro-SPIRE】 Infor SyteLine 【日立システムズ】 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP 【SCSK】 FutureStage 商社・卸向け販売管理/財務会計・管理会計システム 【日立ソリューションズ】 プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化 【ネットスイート】
ERP ERP ERP ERP ERP
世界100カ国以上、5万社以上の企業が利用するクラウドERP。通常のERPではサポートされていない機能も網羅しており、改修コストを掛けずに、ユーザー自身が機能追加できる。 世界中の組立型製造業のノウハウが蓄積された統合型基幹業務パッケージ。グローバルで標準化された同一システムを全世界の拠点で導入可能。4〜5ヵ月での短期導入を実現。 カスタマイズはERP運用の必要悪か? 運用コストを最小化するハイブリッドERP パッケージとスクラッチ開発のメリットを併せ持つ、卸売業・商社向け『販売管理・財務・管理会計の統合ソリューション』。
事業モデルに応じ、テンプレートを提供可能。
プロジェクトから“どんぶり勘定”を一掃――ERPによる収支管理の可視化

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031337


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ERP > ERPのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ