キヤノンITS、メール誤送信対策システムの上長査閲機能等を強化

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


キヤノンITS、メール誤送信対策システムの上長査閲機能等を強化


掲載日:2010/09/09


News

 キヤノンITソリューションズ株式会社(キヤノンITS)は、メール誤送信対策システムの新バージョン「GUARDIAN CorrectMail V1.1」を、9月13日より発売する。また、「GUARDIAN CorrectMail」を使用した「メール誤送信対策 ASPサービス」も、9月13日より新バージョンで提供される。

 「GUARDIAN CorrectMail」では、送信者本人や上長による確認(上長査閲)、Ccに同報されている社内の第三者による気づきによって、誤ったメールを外部に配送する前に取り消すことで、誤送信の防止を支援する。

 今回の新バージョンでは、上長査閲機能の強化や運用の負荷の軽減を図っている。上長査閲機能では、ユーザ区分(一般ユーザ、部門管理者)によって操作できる権限を変更でき、“一般ユーザには保留メールの操作はさせず閲覧のみ許可する”といったセキュリティポリシーに合った運用が可能になった。また、保留されたメールの確認漏れを防止するため、保留メールが指定された時間、操作されずに溜まっている場合に通知メールを送信でき、外部に送信されるべきメールの長時間保留を防止できる。

 判定ルール作成時の宛先アドレスの条件や通知メールの送信先の指定に、メールアドレスの代わりに“管理者”を選択できるようになり、組織変更などで上長が変更になった場合でも、グループの設定を変更することで、すぐに新しい組織での運用が可能になる。

 一般ユーザや管理者などが行なった操作内容(保留、中継など)を履歴として確認できるようになった。また、一般ユーザや管理者などが保留メールの操作(削除、送出、遅延送信時)を行なった場合に通知メールを送信可能になり、通知メールを受け取ることで、上長が行なった操作を、送信者が管理画面にログインせずに把握できる。

 保留メール一覧画面での保留メール、メンバー管理画面でのユーザ・部門・グループに対して、検索・ソートが可能になり、保留メールやメンバーの多い組織でも効率的に操作を行なえる。また、未登録ユーザが送信したメールに対して“中継”または“拒否”の選択が可能になり、設置場所をより柔軟に選択でき、導入しやすくなった。ユーザ管理機能では、管理画面からCSVファイルをエクスポート・インポートすることで、部門・グループ・ユーザの追加・変更・削除が可能になり、新規導入時や組織変更時などの情報変更時の手間の軽減、業務の効率化を図れる。


出荷日・発売日 2010年9月13日 発売
価格 お問い合せ下さい

関連キーワード

「キヤノンITソリューションズ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「メールセキュリティ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「メールセキュリティ」関連情報をランダムに表示しています。

「メールセキュリティ」関連の製品

Email Security Gateway(旧 Spam Firewall PLUS) 【バラクーダネットワークスジャパン】 クラウド型メール誤送信対策サービス「Active! gate SS」 【クオリティア】 標的型メール攻撃対策ソリューション Active! zone 【クオリティア】 サンドボックスを識別する攻撃をどう検知する? 【シマンテック】 標的型攻撃対策・メール無害化ソリューション 【サイバーソリューションズ】
メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ メールセキュリティ
迷惑メール・アンチスパム対策、ウイルス防御、メールによるDoS防止、暗号化、ファイル転送などの機能を組み合わせた統合型セキュリティソリューション。 クラウド型メール誤送信対策サービス
◎7つのアプローチを網羅し本格的な対策を実現
◎短期間で簡単に導入可能
◎サーバ構成に依存せず、Google Apps、Office 365にも対応
メールによるウイルスや標的型攻撃を無害化するソリューション。業務上必要なメール運用の妨げとならないような機能を搭載し、安全性と業務効率を両立する。 猛威をふるうメールでの標的型攻撃……検出の難しい脅威に、対抗策はあるか 標的型攻撃を阻止する新たな手法「インターネット分離」と「メールの無害化」。
セキュリティリスクを最小限に抑え、業務効率を損なわないメール無害化ソリューション。

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031254


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > メールセキュリティ > メールセキュリティのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ