MICS、CMS製品に承認ワークフローオプションを追加

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


MICS、CMS製品に承認ワークフローオプションを追加


掲載日:2010/09/09


News

 株式会社ミックスネットワーク(MICS)は、CMS(コンテンツ管理システム)製品「SITE PUBLIS 3 ベーシックライセンス」に承認ワークフローオプションを追加し、提供を開始した。

 「SITE PUBLIS 3 ベーシックライセンス」では、コーポレートユースで求められる基本的な機能を、優れたインターフェースで利用できる。今回追加された承認ワークフローオプションでは、多段階ワークフローの設定、コンテンツ承認・却下という組織的なコンテンツ管理を行なえるため、コンプライアンス向上や、コンテンツ管理の役割分担の明確化などを図れる。なお同オプションの価格は、1ライセンスが40万円、SaaSの場合の年額費用が15万円(別途「SITE PUBLIS 3 ベーシックライセンス」SaaSサービスへの申し込みが必要)となっている。


出荷日・発売日 −−−
価格 −−−

関連キーワード

  ※製品ニュースに関するお問合せ : 企業サイトへ


  ※関連キーワードのリンクは自動で行っているため、適切でない可能性があります。ご了承ください。


図解でわかりやすいIT技術の解説記事2000本
ITセミナー400件、IT製品情報1000件以上!

キーマンズネットは、アイティメディア株式会社が運営する「企業向けIT関連情報サービス」です。会社で導入するIT関連製品の検討・選定にお役立ていただける情報サービスです。情報量・登録料ともに無料です。安心してご利用下さい。

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

クラウド型ワークフロー「Gluegent Flow」 【グルージェント】 中小企業がワークフローのシステム化で成功する秘訣 【Donuts】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】 申請・承認・経理業務のクラウド化、得られる効果を徹底チェック 【Donuts】 Create!Webフロー 【インフォテック】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー ワークフロー
Google Apps for Workまたは、Microsoft Office 365の機能拡張として動作するクラウド型のワークフロー。申請・承認・決裁といった一連のワークフローを簡単な操作で行える。 申請/承認業務を効率化、中小企業がワークフローのシステム化で成功する秘訣 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。 クラウド型ワークフローの進化がすごい 価格も安く驚くほどの多機能に 一般的な会社組織での申請/決裁業務にはもちろん、店舗運営や事業所に分かれている会社、またはグループ分割している会社など多様な組織で利用できるWebシステム。

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ


Myリストへ 印刷用ページへ

この記事をtweetする このエントリーをはてなブックマークに追加


掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


20031242


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITニュース > ニュース詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ